さがみはら南区版 掲載号:2018年9月13日号
  • LINE
  • はてぶ

大野中地区、秋の一大イベント 全国の踊り手1,300人集結 16回目の「相模原よさこい」 9月16日(日) 古淵駅周辺が”RANBU!”に沸く

文化

 古淵に鳴り響く鳴子の音色が秋を告げる―。大野中地区の一大イベント「相模原よさこいRANBU!」が9月16日(日)、JR古淵駅周辺を会場に行われる。午前10時10分から午後4時まで。主催は同実行委員会。

古淵の街がお祭り騒ぎ

 今年で16回目となる大野中エリアの秋の風物詩「相模原よさこいRANBU!」。市内はもとより、全国各地から集まったよさこい団体全46チーム、約1300人が一堂に会し、時間の限り迫力ある演舞を披露する。

 同実行委員会では、今年春頃から本格的に準備を進めてきた。昨年は荒天により中止を余儀なくされたため、今年の開催にかける想いは強いという。会場は例年と同じく、古淵駅からイオン相模原店を結ぶ道路と西公園。周辺道路を車両通行止めにして「いきいきステージ」を設置し、3ブロックで構成したエキサイティングなステージを展開する。またイオン隣りの西公園には「パークステージ」を用意。各会場を行き来する踊り手の熱い演舞を楽しむことができる(午前10時50分〜午後3時頃)。また会場内には「屋台村」や、地域の皆さんによる模擬店が並ぶ「コミュニティーストリート」も準備され、見て、食べて楽しめる一日となる=下記MAP参照。

熱気も最高潮ラストの総踊り

 全団体の演舞が終了した後、午後3時20分から審査による大賞が発表され、受賞したチームによる踊りレビューも行われる。3時50分からは会場全体が一体となる「総踊り」。午後4時頃からは、参加者全員による「ゴミ拾い大行進」(片付け・清掃)も行われる。

 同実行委員会の竹中勝蔵委員長は「踊り手と観客の皆さんが時間を共有して、交流を深め楽しんでいただき、次の活力になってくれれば嬉しく思う。あとは晴天に期待します」と話している。

■午前10時10分〜午後4時(交通規制は午前9時30分〜午後5時)。小雨決行。荒天中止。「イベント当日はバス、電車をご利用ください」

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

相模原を市外へPR

今年も開催「相模まつり」

相模原を市外へPR

11月15日号

「相模原土産」といえばこれ

優れた工業技術を表彰

安全な自転車運転を指導

次代を担う人材表彰

女性作家の手作り展

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マンドリンの調べ

マンドリンの調べ

11月23日 定期演奏会

11月23日~11月23日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク