さがみはら南区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜 糖尿病と診断されたら 新百合ヶ丘総合病院

糖尿病センター岩本安彦センター長
糖尿病センター岩本安彦センター長

 糖尿病の患者数は近年、生活習慣の変化(過栄養と運動不足)と超高齢社会の到来によって、現代の国民病と呼ばれるほど増加しています。糖尿病の典型的な症状は口渇、多飲、多尿、体重減少などですが、症状がなくても血糖値が高い場合は少なくありません。健診などで糖尿病と診断されたら症状の有無にかかわらず受診してください。

 糖尿病の治療の基本は食事療法と運動療法です。食事療法では標準体重をめざしてカロリーの制限と栄養素のバランスを心がけて下さい。運動は日常生活の中で身体を動かすことが大切で有効です。食事療法、運動療法を実践しても血糖値が改善しなければ経口糖尿病薬や注射薬(インスリンやGLP1受容体作動薬)などを試みます。そして、早期治療と治療継続が何よりも大切です。

新百合ヶ丘総合病院

川崎市麻生区古沢都古255

TEL:044-322-9991

http://www.shinyuri-hospital.com/

さがみはら南区版のピックアップ(PR)最新6件

春の入会キャンペーン

初心者から経験者まで楽しみながらスキルアップ

春の入会キャンペーン

4月25日号

いま注目の集合墓が好評

地元で信頼と実績の「北里霊園」 新区画で予約販売中

いま注目の集合墓が好評

4月18日号

フィラリアの予防について

お庭の病害虫対策1回お試し実施中3,240円

GWは相模原公園へ

「地域に開かれた病院に」

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月18日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク