さがみはら南区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

障害への理解深める 市民向け研修を初開催

社会

グループワークの様子
グループワークの様子
 社会の中の「障害」とは何かを考える「障害平等研修」が12月2日、ユニコムプラザさがみはらで開かれた。相模原市で市民向けの開催は初めて。当日は市内外から37人が集まり、障害者や健常者、親子連れなど様々な顔ぶれが参加した。

 この研修は障害のある当事者が進行役となり、視覚教材とグループワークを通じ、参加者が翌日から「行動に移す」ことが目的。3時間の研修で「障害とは何か?どこにあるのか?改善策として何ができるか?」というテーマが議論された。

 進行役の石川明代さんは「今日考えたことを、考え続けてほしい。職場研修としてもぜひ使ってもらえれば」と話した。主催団体「A・RU・YO(あるよ)sagamihara」の安西祐太代表は「予想外に多くの市民が興味をもってくれた。資金面が課題だが、公民館など様々な場所で続けていきたい」と今後の開催に意欲をみせた。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6件

12/16家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク