さがみはら南区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

県LPガス協相模原支部 「有事の際に役立てて」 市に発電機3台寄贈

社会

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena
贈呈式に出席した(左から)社協・戸塚理事長、加山市長、齋藤支部長、篠崎副支部長、米山総務委員
贈呈式に出席した(左から)社協・戸塚理事長、加山市長、齋藤支部長、篠崎副支部長、米山総務委員

 公益社団法人神奈川県LPガス協会相模原支部(齋藤正行支部長=今号「人物風土記」で紹介)の会員ら3人が10日、市役所を訪れLPガスを燃料とする発電機3台を市に寄贈した。また合わせて、相模原市社会福祉協議会(戸塚英明理事長)に12万円を寄付した。

 同支部による発電機の寄贈は2006年度に始まり、今回で合計27台。この発電機は電圧が安定するタイプで、通信機器などの電源として活用できることから、有事に備え市内小中学校に配備されている。社協への寄付も1976年に始まっており、今回で合計500万円の大台に達した。

 寄贈を受けた加山俊夫市長は「いざという時、発電できるのはありがたい。災害時対応に活用させていただく」と謝辞を述べた。齋藤支部長も「地域の安全を守ることが第一。災害の防止に役立てていただければ嬉しいし、今後も寄贈を継続していきたい」と話していた。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook