さがみはら南区版 掲載号:2019年3月7日号 エリアトップへ

ふるさとコンサート10周年 地元で気軽にクラシック 17日、グリーンホールで

文化

掲載号:2019年3月7日号

  • LINE
  • hatena
コンサートをPRする「おとのわ」メンバー。2列目中央が加藤さん
コンサートをPRする「おとのわ」メンバー。2列目中央が加藤さん

 市内出身の若手音楽家を中心とした団体「おとのわ」(加藤大聖(たいしょう)代表)が無料開催する「ふるさとコンサート」が今年、初開催から10年の節目を迎えた。3月17日(日)の第10回コンサートはこれまでの南市民ホールから相模女子大学グリーンホール(相模大野)の大ホールに会場を移すほか、地元小学生との初共演も見どころとなっている。

 同団体の代表、加藤大聖さん(30)は相模大野高校在学中に声楽に出会い、東京芸術大学を卒業した。現在はバリトン歌手としてオペラの舞台に立つほか、「おださがさくら祭り」や公民館のイベント出演、合唱指導など地元でも活躍。「大好きな相模原で、クラシック音楽に触れるイベントをやりたかった」と10年前に若手の有志で「おとのわ」を立ち上げ、主催コンサートを始めた。

無料開催で10年

 ふるさとコンサートは、子どもからシニアまで幅広い世代が気軽に鑑賞できるよう初回から無料開催としている。第3回からは、子ども向けに午前の部を設け2部制に。演奏家自らスポンサー探しに回り、地域の協賛を得て続けてきた。

 節目となる今回は、その活動からつながりをもった谷口台小(文京)、上溝小、共和小(共に中央区)の吹奏楽部に共演を依頼。「若手音楽家が演奏している姿を間近で見て、刺激を受けてくれれば」と加藤さんは話している。当日は相模原中等教育学校コーラス部も出演する。

 コンサート第1部は「ピタゴラスイッチのテーマ」など未就学児童・小学生向けの曲目で送る。午前11時15分開場、30分開演。終演後には楽器体験もあり。第2部は午後3時開場、30分開演で5時30分終演予定。オペラ「椿姫」など舞台作品を中心に迫力の演奏を届ける。申込不要、来場者は当日直接会場へ。問合せは加藤さん【携帯電話】080・3173・3445へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「危険なバス停」区内20カ所

「危険なバス停」区内20カ所 社会

国交省が調査結果公表

5月13日号

75歳以上 13日から受付

新型コロナワクチン予約

75歳以上 13日から受付 社会

集団接種 16日開始

5月13日号

ワクチン接種 円滑に

相模原市4月補正予算

ワクチン接種 円滑に 政治

総額22億8400万円

5月7日号

6年振り「相武ダービー」

SC相模原

6年振り「相武ダービー」 スポーツ

9日ホーム 町田迎え撃つ

5月7日号

4氏が厚生労働大臣表彰

4氏が厚生労働大臣表彰 社会

社会福祉功労者 市長に報告

4月29日号

「相模原愛」醸成へ条例制定

「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

全国初 市「魅力発信を強化」

4月29日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter