さがみはら南区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

相模台公民館で介護従事者や介護経験がない人に向けた勉強会を開催する 山田 由美子さん 相模台在住 62歳

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

痛みを知る人の微笑み

 ○…自宅を開放して運営するギャラリーで、昨年秋から「ケアラーズカフェ」をスタートさせた。ケアラーとは無償の介護従事者のこと。「家族の介護に疲れた人が気軽に悩みを話せる場を」。自身が38歳の頃から15年間にわたり認知症の実母を介護した経験が、活動の原点だ。「介護の大変さや辛さ、悲しみは当事者にしか分からないもの。でも、分かち合いたい」。ケアラーズカフェがなぜ必要なのか、勉強会という形で想いを伝える。

 ○…「今思えば、頑張り過ぎていた」。母を最優先に生活していた51歳の春、うつ病を発症した。料理や買い物、それまで自然にできていたことができない。抗うつ剤の副作用にも苦しみ、その2年後には「むずむず脚症候群」に。うつ病は現在回復期にあるものの、双方の完治は難しいという。落ち込んでいた時、友人夫婦とハワイを観光した。結果的には「あの旅行がなければ今はない」と振り返る転機に。溶岩台地のパワーを全身で感じ、徐々にだが「自分にできることを頑張りたい」という気持ちが生まれた。

 ○…5歳年上の夫は、定年後も在籍していた会社を辞め、生活をサポートしている。36年間連れ添う仲だが、四六時中一緒に過ごすようになると「ケンカが増えた」と嬉しそうに話す。現在はギャラリーの訪問客を夫婦でおもてなし。気分転換に、市立総合体育館で週1回は一緒に汗を流す。

 ○…ケアラーズカフェを根付かせるためには、まず高齢者支援センターなどの理解を得ることが必要と話す。歯車は動き始めたばかりだが、地元の家族介護者や高齢者、カフェとしての利用客など様々な顔ぶれが「癒し」を求めて訪れる。「ここに来ると落ち着く、と言ってもらえています。相模原市にこんな場所が増えてくれれば」と微笑んだ。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

山角 直史さん

無料学習支援塾「おひさま」の代表を務める

山角 直史さん

東京都在住 28歳

4月15日号

能勢 光さん

相武台団地商店街に開所した認知症対応型デイサービスの管理者を務める

能勢 光さん

中央区陽光台在住 37歳

4月8日号

米田 勝さん

新磯地域を案内する「新磯コンシェルジュ」の代表を務める

米田 勝さん

新磯在住 77歳

4月1日号

池田 宗道さん(本名:池田直道)

インターネット上で文化芸術支援コンサートを主催した相模原市文化協会会長の

池田 宗道さん(本名:池田直道)

豊町在住 75歳

3月11日号

磯貝 サイモンさん

相模原市の「新しい生活様式」実践促進動画のBGM「skylark」を制作した

磯貝 サイモンさん

相模原市出身 37歳

3月4日号

鎌田 次郎さん

2021シーズンからSC相模原のキャプテンを務める

鎌田 次郎さん

相模原市在住 35歳

2月25日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter