さがみはら南区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

相模原市南消防署 独自の消防機器を開発 傷病者のプライバシーを保護

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
ストレッチャーに装着して使用するプライバシー保護カバー
ストレッチャーに装着して使用するプライバシー保護カバー

 スマートフォンなどの普及により、事件や事故が起きるたびSNSや動画サイトに画像等が投稿される昨今。消防隊員は、傷病者のプライバシー保護にも配慮して活動せざるを得ない状況となっている。そこで相模原市南消防署では、救急活動に支障なく効果的にプライバシー保護を行い、傷病者に安心感を与えることができる対策を検討。昨年7月、救急隊が独自に消防機器『ストレッチャー用プライバシー保護カバー』を開発した。

 これは搬送時に使用するストレッチャーに装着するもので、顔面部を中心に覆い隠すことにより、公共の場において傷病者のプライバシーを保護することができる。コンパクトに収納が可能で、寝た状態や座っている状態にも対応。カバー使用時も救急隊が観察や処置を行えるなど多様な機能を有している。今年5月には出動現場で実際に活用し、実用性の検証も実施された。

 同署では機器の開発過程や概要を論文にまとめ、一般財団法人全国消防協会主催の「平成30年度消防機器の改良及び開発並びに消防に関する論文」機器部門に応募。厳正な審査の上、相模原市としても初となる「優賞」を獲得した。

 開発に携わったのが南署救急隊の大田貴広さん。救急出動の度にプライバシー保護の重要性を実感していたという大田さんは、家にあったベビーカーからストレッチャー用のカバーを思いつき、ホームセンターなどに通い自作したという。「傷病者を身体的にも精神的にも保護することが重要。ぜひ全国にも広がってほしい」と話している。

開発に携わった南消防署救急隊員の大田貴広さん(中央)を囲む三澤誠消防司令長(左)横田明文署長(右)
開発に携わった南消防署救急隊員の大田貴広さん(中央)を囲む三澤誠消防司令長(左)横田明文署長(右)

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

東林間「阿波T」今年も好評

東林間「阿波T」今年も好評 文化

デザイナーは地元在住

7月18日号

「相模原グルメ」を巡ろう

「相模原グルメ」を巡ろう 社会

9月よりスタンプラリー

7月18日号

運転免許、早めの返納を

運転免許、早めの返納を 社会

相模大野駅前で呼びかけ

7月18日号

満州から逃げ延びて

満州から逃げ延びて 教育

8月 戦争体験を語る会

7月18日号

大好評のビンゴあり

大好評のビンゴあり 文化

週末は東林間西口まつり

7月18日号

犯罪、非行のない社会訴え

犯罪、非行のない社会訴え 社会

市が橋本でイベント

7月18日号

七夕祭りは大盛況

七夕祭りは大盛況 社会

鵜野森の「ナナ」

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 7月18日0:00更新

  • 5月23日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク