さがみはら南区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

光明相模原男子ソフト部 15年ぶりに関東制覇 夏に向け大きな自信

スポーツ

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
優勝トロフィーと賞状を手に笑顔を見せる選手たち 
優勝トロフィーと賞状を手に笑顔を見せる選手たち 

 令和元年度関東高等学校ソフトボール大会が6月1日・2日に埼玉県で行われ、南区当麻の光明学園相模原高等学校(清水尚人校長)男子ソフトボール部が、15年ぶり3回目の関東大会制覇を果たした。

 関東大会には1都6県から16校が出場。光明相模原は4月28日・29日・5月2日に行われた県大会で優勝し、神奈川1位として大会に臨んだ。

 足利工業(栃木)との初戦は、初回に10点を奪うなど打線が爆発。21-1のコールド勝ちをおさめた。続く2回戦は全国大会常連の強豪・新島学園(群馬)。同部の中嶋 正監督(54)が「トーナメント表を見たときから、2回戦がヤマになると思っていた」と語った優勝候補との一戦は、1回裏に1点を先制するも3回、4回表に1点ずつを返され逆転を許す苦しい展開に。しかし4回裏に打線が奮起して3点を挙げ再逆転。投げては2年生エース・名西孝騎投手が相手の反撃を1点に抑え、4-3で競り勝った。この勝利でチームは勢いに乗り、秩父農工科学(埼玉)との準決勝は8-1と圧倒。続く千葉敬愛(千葉)との決勝も名西投手の好投が光り、2-1で勝利し15年ぶりに関東の頂点に立った。

 「選手たちにとって大きな自信となった大会。7月に行われるインターハイの県予選に向けて弾みになった。この勢いで県大会を突破して全国に進みたい」と話した中島監督。同部のインターハイでの最高成績は、くしくも15年前に記録したベスト4。「今年はその成績を上回れる絶好の機会。油断せずに一戦一戦を勝ち抜いていく」と意気込んでいる。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「読む力の向上を」

学力・学習状況調査

「読む力の向上を」 教育

結果分析 市全体で改善へ

1月16日号

重工、13年ぶりTL参戦

重工、13年ぶりTL参戦 スポーツ

花園でドコモと初陣

1月9日号

令和も大野で新成人祝う

令和も大野で新成人祝う 社会

13日「はたちのつどい」

1月9日号

「また淵野辺でパレードを」

青山学院大学

「また淵野辺でパレードを」 スポーツ

V奪還へ 原監督「期待だけ」

1月1日号

「明暦の棟札」初披露

上鶴間本町長嶋神社

「明暦の棟札」初披露 文化

3が日限定で展示

1月1日号

対話を大切にした市政を

市長インタビュー

対話を大切にした市政を 政治

災害、教育問題に注力

1月1日号

津田桂さん、聖火をつなぐ

幻のモスクワ五輪代表

津田桂さん、聖火をつなぐ スポーツ

40年越し 思いを昇華

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク