さがみはら南区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

満州から逃げ延びて 8月 戦争体験を語る会

教育

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena

 終戦から74年。その悲惨さを伝えていくための「戦争体験を語る会」が、8月3日(土)に市立あじさい会館で開かれる。主催は相模原郷土懇話会。

 講演のタイトルは「はるかなり満州…、そして引き揚げて…」。1931年の満州事変後に、日本政府の国策として実施された『満蒙開拓団』。満州支配の一環として、中国大陸の旧満州などに日本人を集団で入植させた政策で、全国各地から約27万人が移住したとされている。しかし終戦後はソ連軍などの侵攻を受け孤立無援に。8万人を超える人が帰国できずに亡くなったという。

 今回、講演を行うのは、開拓団の一員として命からがら逃げ延びた南区麻溝台在住の山野栄さん(89)。実は麻溝台は、満州から引き揚げた人たちを中心に開拓された土地だという。企画を担当した山田真也さんは「満蒙開拓団の方は、多くを語らずに亡くなっていく。貴重な生き証人の体験談をぜひ大勢に聞いてほしい」と話している。

 聴講は無料。希望者は当日直接会場へ。先着80人。時間は午後1時30分から。問合せは【携帯電話】090・4709・5585山田さんへ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

復興のレガシーに

復興のレガシーに 社会

建設関連団体協議会

1月16日号

カレンダーに真心込めて

カレンダーに真心込めて 社会

高齢者らにプレゼント

1月16日号

韓国映画「雪道」

上映会

韓国映画「雪道」 文化

2月1日 相模大野で

1月16日号

相模原で「初心」学ぶ

相模原で「初心」学ぶ 社会

松下政経塾 中山さん

1月16日号

「全ての世代が誇れるまちに」

「全ての世代が誇れるまちに」 社会

市賀詞交換会で本村市長

1月16日号

課題解消に全力を

課題解消に全力を 経済

相模原商工会議所

1月16日号

彦坂木版工房とコラボ

桜台美術館

彦坂木版工房とコラボ 教育

1月19日 一般公開

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク