さがみはら南区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

日本代表選手が先生に 中学生アスリートを指導

スポーツ

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
練習後、本間選手(前列中央)を囲みVサインを作る市内選抜の中学生
練習後、本間選手(前列中央)を囲みVサインを作る市内選抜の中学生

 相武台中学校、弥栄高校出身で、2018年度のバレーボール全日本代表に選ばれている本間隆太選手(27)を講師に招いた「ジュニアアスリート支援事業」が8月3日、相陽中学校で開かれた。主催は(公財)相模原市体育協会。

 同協会が17年から始めた独自の事業で、様々な競技の一流選手からトレーニング方法や技術を学び、若い世代のアスリートを育成することを目的としている。3回目となる今年は、市内中学校から選抜された1・2年生のバレー選手男女18人ずつが参加した。

 本間選手は中学生に対し、遊びを交えながらボールコントロールの仕方や、レシーブ、サーブ、スパイクなど一通りの技術を指導。リベロのポジションを務める本間選手だけに、「サーブを拾って初めて、その後のプレーが生まれていく」と、レシーブの重要性を説いていた。その後は男女3チームずつに分かれ、変則ルールの試合も実施。本間選手も「よく拾った」「ナイスサーブ」など大きな声をかけていた。

 練習後、本間選手は「予想以上にみんな上手かったし、エネルギッシュで自分も元気をもらえた」と笑顔を見せた。また、「相模原市は自分の故郷。恩返しとして、少しでも子どもたちのレベルアップに貢献したいし、東京オリンピックに出場できれば、相模原市の代表という意識で臨みたい」と決意を語った。

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

世界大会で3連覇

ダブルダッチREG STYLE

世界大会で3連覇 スポーツ

区内在住・前田さん所属

9月12日号

SDGs推進へ 研修強化

相模原市

SDGs推進へ 研修強化 文化

職員啓発で、普及後押し

9月5日号

清川村と包括協定

相模女子大

清川村と包括協定 社会

商品の共同開発も加速

9月5日号

愛着醸成、SDGs推進へ

市9月補正予算案

愛着醸成、SDGs推進へ 社会

12億計上 市長公約を反映

8月29日号

なるか、リーグ初優勝

ノジマステラ神奈川相模原

なるか、リーグ初優勝 スポーツ

31日から後半戦

8月29日号

市の平均、全国下回る

学力・学習状況調査

市の平均、全国下回る 教育

中学英語は同程度

8月22日号

合同チームが県の頂点に

緑が丘中×大野台中

合同チームが県の頂点に スポーツ

軟式野球 関東にも出場

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月12日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク