さがみはら南区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

伊勢丹×女子美 〜9/30 29年間の「感謝」を形に

文化

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
作品の前に立つ(左から)ジョさん、浜平さん、八幡さん、片山さん、ユンさん=8月17日、伊勢丹相模原店
作品の前に立つ(左から)ジョさん、浜平さん、八幡さん、片山さん、ユンさん=8月17日、伊勢丹相模原店

 伊勢丹相模原店の2階正面玄関に、高さ6mの巨大な木の造形物が登場し、注目を集めている。

 作品に込められたメッセージは「Thank you so so much!」。9月30日(月)、29年の歴史に幕を下ろす同店が女子美術大学と企画した。両者は共に1990年に店舗とキャンパスを相模原に構えた縁もあり、これまでも共同企画を実施。「閉店前に、何かお客様への感謝を伝えられるものを」と今年2月、伊勢丹が打診した。

 企画に参加したのは、アイデアを担当した同大学デザインルームの学生9人に加え、木の幹を製作した美術学科立体アート専攻の学生19人。木片を提供した(株)相模原木材センターなど各方面の協力を得ながら半年がかりで完成にこぎつけた。設営は8月12日、13日の営業終了後に行われ、14日にお披露目となった。

「参加型」の作品

 コンセプトは「みんなで完成させる大きな木」。会期中、来場者が選んだ木片や、学生によるワークショップで制作された動物や昆虫が貼付され、段階的に作品が完成していく仕組みだ。最後のピースは8月末まで同店2階で記入できるメッセージカードで、こちらは9月11日(水)に展示される。

 学生を代表して取材に応じたのは八幡萌乃さん(2年)、浜平茉莉さん、ジョ・ウンチェさん、片山鮎美さん(3年)、ユン・ジウさん(4年)の5人。「アイデアが最後まで形にできてよかった」「こんな大きな作品を皆で作るのは初めて」「限られた時間での制作は苦労したが、29年間の歴史の最後を飾る作品。貴重な経験になった」「じっくり見てくれる人も多くて嬉しい」など、各々が手応えを口にした。作品は閉店当日まで展示される。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

理想は「完全な循環社会」

相模原市出身・冨永愛さんインタビュー(第3回) SDGs

理想は「完全な循環社会」 社会

1月14日号

相模原で学ぶ「人間力」

相模原で学ぶ「人間力」 経済

松下政経塾 坂田さん

1月14日号

「白木祭」公開延期に

「白木祭」公開延期に 教育

花火は27日に実施予定

1月14日号

看護の復職相談会

看護の復職相談会 社会

2月7日 病院協会主催

1月14日号

J2昇格を市に報告

SC相模原

J2昇格を市に報告 スポーツ

富澤主将ら喜び語る

1月7日号

市へ3台の発電機寄贈

市へ3台の発電機寄贈 社会

LPガス協 「防災力向上に」

1月7日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク