さがみはら南区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

相模女子大 清川村と包括協定 商品の共同開発も加速

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら
締結式参加者による記念撮影。協定書を手にする風間学長(前列中央右)、岩澤村長(前列中央左)、プロジェクトに参加している学生ら

 相模女子大学・同短期大学部(南区文京)が8月26日、清川村と連携と協力に関する包括協定を締結した。「新たな特産品の研究・開発」をはじめ、「教育・文化の振興」「観光振興」「村民サービス向上や地域活性化」など、多岐に渡る分野で連携を図る。

 地域活性化に取り組む清川村では、2018年度に村内に「ローカルイノベーション拠点施設」を整備し、地域食材を活用した6次産業化を研究。豊かな発想を持つ若者との連携を模索していた。一方、学生の地域活動を推進している相模女子大学も、新たな活動の場を求めており、双方の思いが一致。同年に「清川村特産品開発プロジェクト」が発足した。すでに村の特産品を活用した食肉加工品やジェラート、レストランメニューなど、40人の学生が6つのグループに分かれて開発を進めている。これら官学の連携をより効率的に展開するため、このたび協定が結ばれた。

相互に実りあるものに

 協定締結式は同大学の「夢をかなえるセンター」で行われ、風間誠史学長、清川村の岩澤吉美村長、学生らが参加。岩澤村長は「特産品開発では、既に多くの学生さんに協力していただいており、熱心な取り組みに感謝しています。包括協定を結べたことで、更なる清川の振興発展につながると期待しています」と話した。風間学長は「学生が地域の方と交流することで、大学では学べない事を学べる。良い関係を結び、交流を深められたら」と話した。

 今後は、11月の同大学学園祭で、学生考案メニューの試験販売を予定しているほか、ジェラートは年内、食肉加工品は2020年度以降の商品化を目指すという。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

史上初の10代名人に

囲碁棋士芝野虎丸さん

史上初の10代名人に 文化

南区出身 入段5年で快挙

10月17日号

「桜の戦士」に熱き声援

ラグビーW杯日本大会

「桜の戦士」に熱き声援 スポーツ

大野で市内唯一のPV 

10月10日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

「余った食品 持ち寄って」

「余った食品 持ち寄って」 社会

市が受入窓口を開設

10月3日号

1日限り “ロボット大学校”

1日限り “ロボット大学校” 教育

11月23日 旧新磯高校で

10月3日号

「地域から盛り上げたい」

2020東京オリ・パラ

「地域から盛り上げたい」 社会

上鶴間公民館が独自事業

9月26日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

  • 8月29日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高崎隆二さんが感謝祭

入場無料

高崎隆二さんが感謝祭

22日 あじさい会館

10月22日~10月22日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク