さがみはら南区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

1日限り “ロボット大学校” 11月23日 旧新磯高校で

教育

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena
親子で参加できるドローンの組立・飛行教室も開催
親子で参加できるドローンの組立・飛行教室も開催

 ロボットの開発支援や関連人材の育成などに取組んできた相模原市と市商工会議所が、ロボットに特化した体験型イベント「さがみはらロボット大学校」を11月23日(土・祝) に初開催する。会場はロボットの開発現場として利用されている「さがみロボット産業特区プレ実証フィールド」(旧県立新磯高校/南区新戸2607の2)。触れて学び体験できる、1日限りの学校となる。

 当日の流れは午前10時から入学式(基調講演)、11時30分から午後1時が昼食、午後1時から5時までが各学部(教室)および自由に見て回れる文化祭となる。

 基調講演で講師を務めるのは千葉工業大学未来ロボット技術研究センター(fuRo)の古田貴之所長。AIロボット工学の第一人者としてテレビなどでも活躍する古田氏が、「ロボット技術と未来社会」をテーマに思いを語る。要事前申込。

3学部で授業

 設置される学部は「クリエイター学部」「ドローン学部」「ロボットビジネス学部」の3学部。

 クリエイター学部は、ロボットのプログラミングを体験できる「こどもロボットクリエイター教室」(無料)とリモコンで動かすことのできる「四足歩行ロボット組立教室」(参加費5000円)に分かれており、ともに小学4〜6年生が対象。

 ドローン学部は、専門家の指導のもと、ドローンの組み立てから飛行までを体験できる教室を開催。小学3〜6年生が対象で参加費1万2千円。両学部とも事前の申込みと保護者1人の同伴が必要となる。

 ロボットビジネス学部には市内のロボット企業が集結。室内外で動くロボットを無料で体験できるほか、県や市の取組も展示される。自動運転実証車両への試乗も可能だ(要整理券)。キッチンカーの出店や弁当販売もあり、休憩所も完備。神奈川県による生活支援ロボットの体験キャラバンも同時開催される。

 イベントの事前登録・申し込みは、相模原商工会議所のホームページ(https://www.sagamihara-cci.or.jp/archive/30161)から可能。会場には駐車場がないため公共交通機関およびシャトルバスの利用を。問合せは同会議所【電話】042・753・8136へ。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

区制10周年記念切手を販売

日本郵便

区制10周年記念切手を販売 社会

各区と共同作成で3種類

7月2日号

都県を越えて啓発活動

交通安全

都県を越えて啓発活動 社会

3署合同でキャンペーン

7月2日号

SC相模原、27日初戦

サッカーJ3

SC相模原、27日初戦 スポーツ

コロナ禍経て、開幕へ

6月25日号

ひとり親支援などに18億

6月補正一般会計

ひとり親支援などに18億 経済

キャッシュバックも可決

6月25日号

甲子園で交流試合

「幻の選抜」

甲子園で交流試合 スポーツ

東海大相模も招待校に

6月18日号

座間さんが大臣賞に

消費者支援功労者表彰

座間さんが大臣賞に 社会

市内初 37年間の活動評価

6月18日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

低価格の安心リフォーム!

品質と価格で選ばれているアイテリアナカムラにお任せください!

https://aiteria-n.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク