さがみはら南区版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

令和も華やか 「ざる菊」 13日まで勝坂で花見会

文化

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena
秋空に鮮やかな小花が映え、催しも多数開催される(写真は昨年)
秋空に鮮やかな小花が映え、催しも多数開催される(写真は昨年)

 ざるを伏せたような丸みをおびた形の株に、色とりどりの小花が咲き誇る「ざる菊」の花見会が、南区磯部にある勝坂(かっさか)歴史公園近くの農園で11月13日(水)まで開かれている。近隣住民有志で、ざる菊の栽培に取り組む「新磯(あらいそ)ざる菊愛好会」(藤曲和美(ふじまがりかずみ)会長)が主催。11月3日(日・祝)には式典が予定されている。

今年は綺麗で大振り

 花見会は同会が発足した2009年に始まり、令和元年の今年で11回目となる。およそ750坪の段丘に、紅、白、黄、ピンクなど約8種類、約1300株のざる菊が整然と並ぶ。会場では期間中、ざる菊の鉢植えや地元産野菜、石焼き芋、卵などが販売される。野菜などは午前中に売り切れる場合もある。

 藤曲会長によると今年は開花こそ少し遅いものの、株自体は綺麗で大振り。「台風の影響なども少なく、良い花ができた。11月中旬まで色鮮やかなざる菊本来の姿を楽しんでもらえるはず」と太鼓判を押している。恒例となっている花文字も健在で、今年は「令和」に挑戦している。

 3日の式典は午前11時から。勝坂はやし保存会、相模の無鉄砲太鼓、オカリナの演奏が行われる。毎年人気を集める地元の婦人有志による「うどんの振る舞い」(無料・先着100人)や、新磯商盛会による飲食店舗の出店なども予定。また、相原高校(緑区)の学生らが式典での司会や店舗での販売にも協力する。

 会場は勝坂歴史公園近くの個人農園(磯部4375付近)。期間中は午前10時頃から午後3時頃まで入場でき、勝坂こどもの広場が臨時駐車場(無料)として開放される。問合せは同会【携帯電話】080・4168・8848へ。

楽しく「古代人体験」も

 縄文時代にちなんだ学び・遊びを体験できる「勝坂遺跡縄文まつり」が11月3日(日・祝)、史跡勝坂遺跡公園(磯部1822)で開催される。午前10時から午後1時まで。小雨決行。主催は市教育委員会。

 当日は土器の野焼きや縄文服の試着、発掘調査や石器制作など体験コーナーが盛りだくさん。さらに勝坂自治会連合会、新磯観光協会が模擬店を出店する。火おこし検定、物販以外は無料。問合せは市文化財保護課【電話】042・769・8371、当日のみ公園管理棟【電話】046・257・7855へ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

安全な自転車運転を指導

安全な自転車運転を指導 社会

相模中央自動車学校

12月5日号

こどもの「できた」を応援

こどもの「できた」を応援 教育

学習支援者向けセミナー

12月5日号

「復興に役立てて」

「復興に役立てて」 社会

市に寄付相次ぐ

11月28日号

川柳募集

川柳募集 文化

11月28日号

甲状腺の病を学ぶ

甲状腺の病を学ぶ 教育

12月に市民医学講演会

11月28日号

快適カーライフを後押し

快適カーライフを後押し 社会

自動車整備相模原支部

11月21日号

市政への意見を聴取

市政への意見を聴取 政治

自民党相模原が報告会

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク