さがみはら南区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

史上最年少で囲碁の名人位を獲得した 芝野 虎丸さん 南区上鶴間本町出身 20歳

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena

「ただ、強くなりたい」

 ○…令和元年10月、弱冠19歳の青年が囲碁名人戦七番勝負に臨んだ。ファンの期待は「史上最年少名人」の誕生。周囲の注目、期待の大きさは重みとなり、双肩にのしかかった。1局目は敗戦。「もしかしたら一勝もできないんじゃ…」、そんな思いが脳裏をかすめた。だから、「実は2局目の初勝利が、勝負を決めた5局目と同じくらい嬉しかった」と振り返る。肩の荷が下りた後は破竹の4連勝。プレッシャーに打ち勝ち、新たな歴史を作り出した。

 ○…幼稚園の頃、漫画『ヒカルの碁』のテレビゲームで囲碁を覚えた。兄・龍之介さんと一緒に近所の碁会所に通い、大人を相手に腕を磨くと、鶴園小学校3年生で洪道場に入門。5年生で日本棋院の院生となり、14歳の時に入段を果たしプロ入りした。「でも、プロになるつもりも、熱い思いも全然なくて。いつも遊びたいと思っていました」と苦笑い。谷口中学時代の土日はほぼ対局。体育祭と合唱祭に参加できたのは3年間で1度ずつだ。「でも、修学旅行に行けたのが本当に嬉しくて。楽しみで前の日は寝られませんでした」

 ○…両親と姉、兄、妹の6人家族。時間があれば囲碁の勉強に明け暮れるが、気分転換はペットの犬と戯れること。そしてカラオケ。年齢の近い棋士仲間とだったり、1人で行くこともあるとか。「何を歌うかは教えません」と笑う。

 ○…現在は、名人のほか王座にも輝く。「囲碁は特段好きではない」と言い切りながらも勝つための勉強は惜しまない。「タイトルを目標にすると、叶ったときに燃え尽きてしまいそう」。だから、タイトルには固執しない。目標はシンプルに、一局一局頑張って良い成績を残すこと。気負わず自然体のまま、強さのみを追い求める。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

甲斐田 博高さん

70歳を過ぎても市内の小学校で担任を持ち教壇に立ち続ける

甲斐田 博高さん

下溝在住 71歳

10月29日号

石井 茂さん

2020年度の消防庁長官表彰を受けた

石井 茂さん

中央区東淵野辺在住 59歳

10月22日号

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク