さがみはら南区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

桜台小嘉手納さん フェイスシールドを寄贈 200個を手作り

教育

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
本村市長に手作りのフェイスシールドを手渡す嘉手納杏果さん(右)
本村市長に手作りのフェイスシールドを手渡す嘉手納杏果さん(右)

 新型コロナウイルス感染症対策に役立てててほしいと、市立桜台小学校5年の嘉手納(かでな)杏果(ももか)さんが8日、自作したフェイスシールド200点を相模原市に寄贈した。市は、無症状患者や軽症患者が療養する宿泊療養施設で活用するとしている。

 休校中に自宅で新型コロナウイルス感染症に関するニュースを見て、「1人でも多くの命を救いたいと思った」と話す杏果さん。医療や介護の現場で足りないとされるフェイスシールドを作りたいと、母・佐知子さんにお願いしたという。「外出できない中で、これも福祉の勉強になる」と佐知子さんも考え、インターネットなどで情報を得ながら4月中旬から作業を始めた。

 材料に使ったのは、ホームセンターや100円ショップで購入したプラスチック製のカードケースや、ポリウレタンの付いた隙間テープなど。硬い素材や柔らかい素材、頭の後ろの留め具に紐やマジックテープを用いるなど、試行錯誤を重ねながら数パターンを考案した。3週間ほどかけて250個を作成し、1つ1つを消毒。個別包装も行った。また全ての袋に「感染しませんように」と手書きのメッセージも添えた。そのうちの50個は座間市の高齢者施設に寄付したという。

 8日には寄贈式も行われ、本村賢太郎市長も出席。同小学校の卒業生でもある本村市長は「このフェイスシールドで多くの命が助かると思うし、現場の皆さんも喜んでくれると思う」と小さな後輩に謝辞を述べた。

 実は杏果さん、「からまないハンガー」を発明し、全国でも僅かしかいない特許を所持する小学生。その活躍はテレビなどでも数多く取り上げられた。「今回も大好きな工作で感謝してもらえてうれしかった。命を救うために役立ててもらえたら。次はマスクも作ってみたい」と笑顔で話していた。
 

手書きのメッセージも
手書きのメッセージも
実際に着用した姿を見せてくれた杏果さん
実際に着用した姿を見せてくれた杏果さん

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「市民がつくる防災」とは

「市民がつくる防災」とは 社会

「さがプロ」がセミナー

9月24日号

チャリティーゴルフ中止

国際ソロプチミスト相模

チャリティーゴルフ中止 社会

9月24日号

蒼水会が水彩画展

蒼水会が水彩画展 文化

相模大野ギャラリー

9月24日号

川柳募集

川柳募集 文化

9月24日号

看護の復職 研修・相談会

看護の復職 研修・相談会 社会

10月25日 病院協会が主催

9月24日号

介護者引継ぎシート作成

ケアラーズカフェ

介護者引継ぎシート作成 社会

非常時の活用に 無料配布

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク