さがみはら南区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

インタビュー チーム総合力で勝利掴む キャプテン 富澤清太郎選手

スポーツ

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
昨シーズンに続き、今季もキャプテンを務める富澤選手 ©SC相模原
昨シーズンに続き、今季もキャプテンを務める富澤選手 ©SC相模原

「準備は整っている」

 昨シーズン加入早々にキャプテンを任され、2季目もキャプテンとして臨む富澤清太郎選手。SC相模原は、あさっての開幕初戦を控え、1カ月前の5月26日から全体練習を開始していた。

 緊急事態宣言解除後、富澤選手は、「いよいよ始まるな、と気が引き締まる思いだった。何週間も延期が続いたが、自粛期間中も選手各々がトレーニングをしており、モチベーションもフィジカルも準備ができていた。チームの選手を信じていたので、すぐに全体練習に入ることができた」と振り返る。

 2節目までは無観客の「リモートマッチ」となり、サポーターの声援が直接届かない。富澤選手は「公式戦でサポーターがいない試合は初めてなので、正直やってみなければ分からない。サポーターの声援が無いのはさみしいが、選手同士の声が届きやすいなど、プラスにして臨みたい」とポジティブにとらえる。

 12月20日まで連戦が続き過密日程となるが、「体力の消耗が激しくなるのはどのチームも同じ。チーム全体の総合力と精神面を鍛え、勝利のためには犠牲になるくらいの意気込みで一つになる」と話し、状態の良い選手やこれからという若い選手が起用され活躍する機会になると捉える。「相模原にとってはプラスになる」。同じく2年目を迎える三浦文武監督のもと、30人の選手が一丸となり34試合を戦い抜く構えだ。

一戦一戦を大事に

 初戦のY.S.C.C.横浜戦はホーム相模原ギオンスタジアムで午後5時キックオフ。2020シーズンが幕を開ける。サポーターは不在だが、富澤選手は「サポーターの皆さんが待ちわびていた開幕をいよいよ迎える。初戦をホームで戦えるのは有利。サポーターの思いを背負いながら皆さんと一つになっていい成績を残せるようにしたいので、熱い応援をお願いいたします」とメッセージを送る。

 サポーターからの期待は大きい。富澤選手は「もちろんJ2への昇格というのが一つの目標にはなるが、目の前の一戦一戦に集中して結果を出し、1試合ごと勝ち点を積み上げていきたい」と力強く語った。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「桜守」の基礎知識を学ぶ

【Web限定記事】養成講座 受講者募集中

「桜守」の基礎知識を学ぶ 社会

9月23日号

サッカーWEリーグ・ノジマステラ 第2節浦和レッズ戦は惜敗

2年ぶり 梅酒「翠想」販売

【Web限定記事】相模女子大学と酒造がコラボ

2年ぶり 梅酒「翠想」販売 経済

sagamixで23日から

9月23日号

秋講座の受講生募集

まなびのライブ塾

秋講座の受講生募集 教育

9月23日号

サッカーJ2・SC相模原、レノファ山口に快勝 降格圏脱出

女子美アートミュージアムでコレクション展「舞楽装束」

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook