さがみはら南区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

市民朝市、5カ月ぶり再開 感染症対策し26日から

経済

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
エコバッグ持参を呼び掛ける運営協議会の岡本会長
エコバッグ持参を呼び掛ける運営協議会の岡本会長

 新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、2月の開催を最後に中断が続いていた「さがみはら市民朝市」が、7月26日(日)から再開されることとなった。

 生産者と市民をつなぐ交流の場として、さらに地産地消を軸に都市農業の振興を図る場として、1992年に始まった市民朝市。当初は北部地区のみで開催されていたが、翌年には南部地区でも開催がスタートした。

 現在は第2・第4日曜日に市役所本庁舎正面玄関前広場、第1・第3日曜日に南区役所正面駐車場で開かれ、毎回200人以上が来場する人気イベントとなっている。

喜びと不安と

 主催するのは同朝市運営協議会。今年4月に協議会会長に就任した岡本政廣さんにとっては、待ちに待った朝市だ。「まず再開できることに喜びを感じている。地域の活性化にも繋がるイベント。常連さんの顔が見られるのも楽しみ」という岡本会長。一方、県内で感染者が増えている状況もあり、不安もあると語る。感染症対策として会場内2カ所にアルコール消毒液を設置。出店者もビニール手袋とフェイスシールドの着用を心がける予定だ。また来場者にはマスクの着用、最少人数での来場、周囲との間隔などを呼び掛けていく。「生産者との会話を楽しんでいただける場でもありますが、当面は控えていただくよう、皆さんの協力をお願いしたい」と岡本会長は話す。

 26日に市役所会場で開かれる朝市には12店舗が出店予定。市内でとれた新鮮な野菜、卵の他、パン、コンニャク、豆腐、和菓子等加工品が販売される。時間は午前7時から8時まで。レジ袋の有料化に伴い、買い物袋の持参を。朝市特製のエコバッグも100円で販売される。問合せは事務局【電話】042・769・8239へ。
 

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

カナダ選手と交流事業

児童が選手に直接質問も 夢の丘小

カナダ選手と交流事業 社会

特製旗やうちわで応援 

7月22日号

新ユニフォーム披露

ノジマステラ神奈川相模原

新ユニフォーム披露 スポーツ

WEリーグに向けて

7月22日号

後半戦初戦はイベント豊富

SC相模原

後半戦初戦はイベント豊富 スポーツ

8月9日、ホームで栃木戦

7月22日号

「違い認めて」母たちの声

福祉レポート

「違い認めて」母たちの声 社会

医ケア児めぐる現状・課題

7月22日号

気付いて、ヘルプマーク

気付いて、ヘルプマーク 社会

市が希望者に配布

7月22日号

夜間中学を知る上映会

夜間中学を知る上映会 社会

7月24日 オダサガで

7月22日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter