さがみはら南区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

令和2年度の消費者支援功労者表彰で内閣府特命担当大臣表彰を受賞した 座間 千代子さん 鹿沼台在住 86歳

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena

食卓預かる主婦として

 ○…消費者利益の擁護や増進に貢献した人を毎年国が表彰する「消費者支援功労者表彰」。この内閣府特命担当大臣表彰に、37年間の消費者支援活動が認められ市内で初めて選ばれた。内閣総理大臣表彰に次ぐものとあって自身も驚きを隠せないが、「一緒に活動を続けてきた仲間や市の職員さんの協力のおかげ」と気遣いを見せる。

 ○…浅草生まれ。結婚後、相模原に移り住んだ。内気な性格を見かねた知り合いに誘われ参加したPTAが団体活動の原点だ。「人と交わる楽しさ」が体に残り、子どもと共に卒業する頃には胸にぽっかり穴が開いたような寂しさを感じた。「何か興味が向かう先はないかしら」。次に食指が動いたのが、当時高度経済成長の裏で頻発していた消費者問題だ。人工甘味料「サッカリン」の安全性やプラスチックごみ問題など、一家の食卓を管理する主婦として見過ごせない、生活に密着する事柄ばかりだった。

 ○…食、水、ごみ、購買トラブルなど、参加した勉強会で消費者問題について見識を深めた。1983年度からは、市内に十数あった消費者団体を取りまとめる相模原市消費者団体連絡会に入会。計6年間会長として会の発展に尽力したが、当時を振り返ると「活動と引き換えに、家のことはまったくだったのよ」と話す。夫に2人の子どもを託し、会合や研修へ。それは主婦として、母親として、妥協できないプライドがあったからだ。

 ○…共に見識を深めてきた仲間たちとする何気ない世間話が息抜きのひとつだ。現在は勉強会に参加しながらも、役職は後進に譲り、活性化を陰から望む。「限られた人生、いつまでも抱え込んでいるわけにはいかないわね」。次世代の活躍を信じ、頬を緩ませた。
 

さがみはら南区版の人物風土記最新6

磯野 正彦さん

9月に相模原南警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

相模大野在住 58歳

10月15日号

萩原 真澄さん

神奈川県畳工業協同組合相模原支部の支部長についた

萩原 真澄さん

中央区高根在住 57歳

10月8日号

浅利 昌男さん

学校法人麻布獣医学園の第16代理事長に就任した

浅利 昌男さん

町田市在住 68歳

9月24日号

江成 二郎さん

相模原市商店連合会の会長に就任した

江成 二郎さん

中央区中央在住 63歳

9月10日号

山口 友彦さん

相模原市青年工業経営研究会(青工研)の2020年度会長を務める

山口 友彦さん

緑区大島在住 41歳

9月3日号

伊藤 忠彦さん

和泉短期大学の9代目理事長に就任した

伊藤 忠彦さん

緑区橋本在住 78歳

8月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク