さがみはら南区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

中央区在住山本さん 南極観測隊で活躍中 景色を癒しに任務を全う

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena

 中央区清新在住の山本貴士さん(48)が、第61次南極地域観測隊として遠く離れた世界の地で活躍している。山本さんはオーロラなどの天文現象に対する地球の変化を観測。来年の2月に任務を果たし帰国予定で、「南極を知らない人に様子を紹介したい」と話している。

 岡山県出身の山本さんは、金沢工業大学を卒業後、「日本マランツ」への就職を機に相模原へ移り住んだ。そこで無線機設計の経験を積み、市内で無線機の修理や設置工事などを行う会社を設立。その後、腕を買われて都内にある大手無線通信機器メーカー「八重洲無線」に転職し、フィールド・エンジニアとして全国を飛び回っていた。

念願の南極へ

 南極観測事業は昭和基地をベースに、オーロラの観測や厚い氷床の掘削、鉱物の調査や隕石の発見、動植物の調査などを行い、地球の姿や宇宙との関わりを研究・調査する国家事業。隊員は大学や企業からの派遣や公募などで選定される。

 「以前から南極に興味があった」という山本さんは、2018年に観測隊へ応募。すると研究グループから声がかかり、翌年に国立極地研究所「宙空圏研究グループ」の特任助手として採用された。採用直後はエンジニアとして国内各所を回っていたが、しばらくして現地で活動をする観測隊への参加を打診された。もともと南極で活動することを志願していたため、喜んで受諾。初めての派遣が決まったと家族に伝えると、「南極という遠い地に実感が湧かなかったのか、『本当に行くの』と言われた」

 観測隊は、夏の3カ月間南極に滞在する夏隊と1年を通して南極に滞在する越冬隊に分かれている。越冬隊に所属する山本さんは、昨年11月に成田空港を出発。オーストラリアのパースまで飛行機で移動した後は、「砕氷艦しらせ」で海洋観測を行いながら移動し、12月30日に相模原から約1万4千キロ離れた南極・昭和基地に到着した。

アンテナ保守も担当

 山本さんは宇宙から降り注ぐ宇宙線や地磁気、大気電場、オーロラ、太陽活動など天文現象に対する地球の変化の観測を担当している。観測を行うための設備の保守・管理も業務のひとつであり、山本さんは昭和基地で最も大きなアンテナ設備を任されている。南極では強風を伴う吹雪が何日も続くことがあり、アンテナ設備の破損が頻繁に発生。その都度修理し、継続的な観測が行えるよう努めている。

 苦労はやはり「寒さ」。アンテナ修理などで20メートルほどの高さの鉄塔に登り作業するため、「マイナス20度を下回る時期は、南極仕様の防寒着を着ていても寒さを感じる」と話す山本さん。「文化圏から離れ、草木のない環境はこの世の果てを感じる。地球ではない星に来たよう」としながらも「ここでしか見られない景色を満喫できる喜びもある」と心の内を話す。

 観測隊は来年1月に昭和基地を出発し、2月に帰国予定。帰国後は「感動したこと、辛かったこと、さまざまな姿を見せる南極の自然の様子を紹介したい」と意気込む。「南極生活もあと半分。残りの時間も精一杯活動したいと思います」
 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク