さがみはら南区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

東海大相模 特別な夏 有終のV 県独自大会が終了

スポーツ

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
優勝を決め喜びを爆発させる選手たち =8月23日横浜スタジアム
優勝を決め喜びを爆発させる選手たち =8月23日横浜スタジアム

 今夏の全国高校野球選手権大会の中止を受け、県高野連が独自に開催した「県高校野球大会」の決勝が8月23日に横浜スタジアムで行われ、区内相南の東海大相模が相洋(小田原市)に9-5で逆転勝利をおさめ県の頂点に立った。東海大相模は昨春から4季連続の県大会制覇。県勢には負けなしのまま、有終の美を飾った。

 雷雨の影響で、試合開始が当初の午後2時30分から4時に順延された決勝戦。「タテジマのプライドを胸に徹底的に暴れまわれ」、門馬敬治監督の檄を受けて、選手がグラウンドに飛び出した。先発は3年生の諸隈惟大投手。2回裏、四球と自らのエラーでピンチを広げ2点の先制を許すも、4回に打線が反撃。2塁に走者を置いた状態で、6番神里陸(3年)が同点アーチを描いた。しかし二番手投手・金城龍輝(2年)が5回に1失点、7回に2点本塁打を浴び点差を広げられた。

 3点を追う終盤8回、1番鵜沼魁斗(3年)が二塁打で出塁。さらに内野安打、四球で満塁のチャンスを作ると、打席には5番の西川僚祐(同)。「3年生の執念で運んだ」という当たりは左中間にはずむ2点適時打、続く神里も二塁打を放ち、6-5と逆転に成功した。続く9回にも4長短打で3点を追加。投げては8回からマウンドに上がった2年生投手・石田隼都が無安打4奪三振の好投。粘る相洋を振り切った。

 春の選抜大会出場校として「甲子園高校野球交流試合」に、県内から唯一招待された東海大相模。県独自大会の最中に甲子園へ遠征。17日に大阪桐蔭と対戦し、惜敗していた。「甲子園で敗れ、勝つための執念が足りなかったことに気づかされた」と話した門馬監督。その言葉通り、見事な執念の逆転劇だった。

 試合後、取材に応じた山村崇嘉主将(3年)は「苦しい試合でしたが最後の最後につないで粘る野球ができた。最高の形で終われてよかった」と歓喜の涙を浮かべた。門馬監督も「タテジマのプライドが結実した勝利。選手たちを誇りに思う」と言葉に力を込めた。

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

チーム全員で「完全優勝」へ

青山学院大学

チーム全員で「完全優勝」へ スポーツ

箱根駅伝で絆つなぐ

1月1日号

SC相模原 悲願のJ2

SC相模原 悲願のJ2 スポーツ

最終節で昇格争い制す

1月1日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

好評!永代供養墓「博愛の絆」

綾瀬中央霊園の『新しいお墓のカタチ』が人気。問合せは0120-70-2504

http://www.hakuainokizuna.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク