さがみはら南区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

新たな「相模」の大凧 修復、無事に完了

文化

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
生まれ変わった大凧の前で記念撮影 =16日
生まれ変わった大凧の前で記念撮影 =16日

 区内新戸にある「相模の大凧センター」の天井に展示されていた大凧がこのほど修復され、16日から新たな凧に生まれ変わった。

 以前に展示されていた大凧は、2003年に同センターが開設された際、会場の大きさに合わせて制作されたもの。しかし17年が経過し、貼られた和紙の一部に破損が見られるなど、劣化が指摘されていた。そこで市が実施する吊り金具の交換工事に合わせて、修復することを決定。相模の大凧文化保存会(川崎勝重会長)が、公益財団法人相模原市まち・みどり公社の協力を得て、9月から修復作業を進めてきた。川崎会長いわく、一般公開はせず、3密を避けながら作業にあたったそうだ。

 新たな大凧には、以前と同じ「相模」の題字が、本村賢太郎市長の揮ごうによって描かれた。16日の吊り上げ日には本村市長、菅谷貴子南区長も来館し、保存会の会員とお披露目を祝った。

 川崎会長は「併設している新磯ふれあいセンターは休館中ですが、展示ホールは観覧可能です。生まれ変わった綺麗な凧をぜひ見に来てください」と話している。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

人形供養祭盛大に

人形供養祭盛大に 社会

永田屋が入場制限し開催

12月3日号

花火打ち揚げに協力を

相模女子大高等部

花火打ち揚げに協力を 教育

クラファンサイト公開

12月3日号

SC、上位争い制す

サッカーJ3

SC、上位争い制す スポーツ

鳥取から3得点

12月3日号

桜まつり 代替行事を模索

桜まつり 代替行事を模索 文化

来年の通常開催は見送り

12月3日号

市の魅力を再発見・新発見

市の魅力を再発見・新発見 社会

シンポジウム参加者募集

12月3日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市の魅力を再発見・新発見

市の魅力を再発見・新発見

シンポジウム参加者募集

1月15日~1月15日

さがみはら南区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク