さがみはら南区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

1月発足プロセス 相模原をバスケの聖地へ トップリーグ参入めざす

スポーツ

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena
相模原プロセスのトップチームの選手ら=提供(撮影日7月25日)。2日現在16人が所属
相模原プロセスのトップチームの選手ら=提供(撮影日7月25日)。2日現在16人が所属

 相模原を拠点にバスケットボールのプロリーグである5人制の「Bリーグ」と、3人制の「3x3.EXE PREMIER」への参入をめざすチームが1月に誕生した。その名は「相模原プロセス」。チーム初の公式戦となった10月17日の県3x3選手権では見事優勝を果たし、初陣を飾った。「相模原をバスケットの聖地へ」をチーム理念に、トップリーグに向けた戦いと、バスケットを通じた新たな地域コミュニティの創出に挑む。

 相模原プロセスは「GGB」という地元クラブチームが前身。同チームの練習にも参加し、東京サンレーヴスや岩手ビッグブルズなどでプレーした現役プロ選手の草野佑太代表(23)=今号「人物風土記」で紹介=が「トップをめざす」というチームの方向性を定め、1月に新クラブ創設に踏み切った。7月に株式会社化し、相模原を拠点にプロを志す選手の育成、小中学生や高校生対象のスクール運営、講師派遣などで経営基盤を築きながら、組織自体でもトップリーグを狙う。相模大野出身の草野代表は立ち上げへの思いを「東京、横浜、川崎、B3リーグを含めれば八王子にもプロチームがある。その中間にある相模原にチームがあれば盛り上がるといろいろな意見をもらった。地元に何か貢献したかった」と語る。

「ここを過程に」

 チームで集まれる時間は限られるが、相模原ギオンアリーナや近隣の学校などで練習を重ねる。選手は教員や消防士、大学生と10代から30代までさまざま。スポンサー募集も不可欠だが自力での継続した運営をめざし、スクール講師や派遣コーチなどに従事しながら練習に励む選手もいる。「Bリーグ参入は大事だが最終目標ではない。それ以上に、どのバスケシーンを見てもプロセス関係者がいるというのが理想。選手が各地で活躍し最後はここに戻ってきてほしい。チーム名の通り、ここを過程にステップアップしてもらえれば」と草野代表は話す。

 今後は地域リーグを勝ち抜き、参入への基準や資格を満たしながらトップリーグをめざす。「まずは3x3に参加し、市内でバスケとプロセスを周知したい。そのためにファンや地域との交流機会を増やしていく」と草野代表。その言葉通り5月には、ボランティアとして相模大野銀座商店街で販売を手伝いながら住民らとふれあった。10月17日には発足後初の公式戦となった県3x3選手権に草野代表と井後健矢、森黄州、笹本駿介の4選手で臨み、プロチームを破るなどして1位に。草野代表は「プロセスとしての初舞台で優勝できうれしい。しかしスタートラインに立っただけ。神奈川王者になった事で、より一層の自覚を持たなければならないし、応援や期待に応えるためにもっと精進する」と話した。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

18年間の活動に幕

境川の道正山河畔林を守る会

18年間の活動に幕 社会

斜面緑地の整備に尽力

1月21日号

コロナ対策強化へ新体制

相模原市

コロナ対策強化へ新体制 社会

ワクチン接種準備も推進

1月21日号

外出自粛「強く要請」

緊急事態宣言市対応

外出自粛「強く要請」 社会

公民館など134施設休止

1月14日号

「安全安心の五輪やりきる」

新春知事インタビュー

「安全安心の五輪やりきる」 政治

感染防止へマスク会食も訴え

1月7日号

コロナ禍の「新しい成人式」

コロナ禍の「新しい成人式」 文化

分散開催 生中継も

1月7日号

新時代 生活基盤を最優先

市長インタビュー

新時代 生活基盤を最優先 政治

新型コロナ対応に全力

1月1日号

シンプルな葬儀をご希望の方へ

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月10日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク