さがみはら南区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

俳句結社「星時計」を主宰する 大元 祐子さん 南台在住 64歳

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena

俳句が作る人との出会い

 ○…俳句結社「星時計」を結成後、同名の俳句雑誌を創刊してから約半年が経過、毎月発行を続けている。同人6人と会員76人から送られてくる投句を選び仲間と共に雑誌の制作にいそしむ。「おかげさまで会員の方が増えたり、新たに俳句の講師を依頼されたの」と『星時計』を創刊した影響を実感している。

 ○…俳句歴は30年。友人に誘われて訪れた句会で、現代的で自由な俳句の魅力に惹かれ虜に。勤務していた会社をやめた時、一つの区切りとして句集『人と生れて』を発行。当時発行していた雑誌の編集や校正をやっているうちに、新聞社から雑誌の校閲を依頼されるようになった。「校閲なんてとんでもないと思ったんですけどスキルアップにつながればと、引き受けました。趣味に俳句と書ければいいと思って始めたんですけどね。気づけば俳句中心の生活です」と苦笑する。

 ○…相模台小・中学校を卒業。市民講座などで講師を務め、俳句の普及に努めてきた。そこから生まれた句会は10カ所以上。「活発だった」と振り返る幼少期を知る知人が講座に来ることもあるという。「祐子ちゃん、ずいぶん変わったねと言われたりして恥ずかしいですね」。様々な講座を開く市民講座の代表も務める。「結局は俳句がまちづくりや仲間づくりにつながっているんです」

 ○…コロナ禍になり、ビデオ会議システムを使ったオンライン講座を実施した。「このためにスマホやパソコンを買った人もいるの。とても楽しかった」。俳句の講座には、若い人にも参加してほしいという思いが強い。「俳句にはルールがあるけど、自分の思いや日常をまとめることから始めてもいいと思います。私たちが活動することで俳句の魅力が伝わってくれたら」

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

杉山 信義さん

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める

杉山 信義さん

中央区相模原在住 74歳

5月5日号

金子 光史(みつし)さん

知的障害者のためのアート活動グループ「フェイス・オブ・ワンダー」を主宰する

金子 光史(みつし)さん

古淵在住

4月28日号

土橋(つちはし) 美穂さん

市みんなのSDGs推進課が啓発用に作ったエコバッグにデザインが採用された

土橋(つちはし) 美穂さん

緑区中野在住 50歳

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook