さがみはら南区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

相模川の「石」を知ろう ふれあい科学館に新展示

教育

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena
カラフルなデザインでまとめられた新展示コーナー
カラフルなデザインでまとめられた新展示コーナー

 相模川ふれあい科学館アクアリウムさがみはら(坂野浩一館長/中央区水郷田名)にこのほど、新展示「川原の石 みてみよう!」が完成した。同館は現在、緊急事態宣言発令により休館中だが、解除された後に一般公開される。

 新展示コーナーはエントランスから入って右側の「人ゾーン」内のミニ企画展示(情報掲示板)隣に常設。同館スタッフが何度も相模川まで足を運んで集めてきた石が展示され、実際に触れることもできる。旧石器ハテナ館と共同で企画し、相模原市立博物館が解説監修を務めた。

 「石に興味を持つ小学生も多い」と話すのは、展示飼育部の波多野順さん。子どもたちに楽しく学んでもらえるよう、わかりやすくカラフルなデザインでまとめられているのも特徴だ。石は川を構成する1つの大事な要素で、石を見れば川の成り立ちや地質、人々の生活もわかるという。波多野さんは「営業再開後には、ぜひ勉強をしに来てほしい」と呼びかけている。

 また同館では、新展示完成に合わせて「川原の石の下敷き」を作成。A4サイズで、石の説明が画像とイラストを使って書かれており、縁には長さが測れるメモリ付き。デザインは女子美術大学の学生が担当した。今後、解説イベント参加者や来館の記念品として配られる予定だ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

1年ぶりの地域公開

1年ぶりの地域公開 文化

桜台美術館

5月13日号

「相武ダービー」はドロー

SC相模原

「相武ダービー」はドロー スポーツ

3試合ぶりに勝ち点

5月13日号

郷土の魅力 歩いて発見

郷土の魅力 歩いて発見 文化

マップ発行記念事業

5月13日号

ノジマ、長野に惜敗

WEリーグ

ノジマ、長野に惜敗 スポーツ

プレシーズン3連敗

5月13日号

「代表の自覚」胸に 五輪へ

競泳 小堀倭加さん

「代表の自覚」胸に 五輪へ スポーツ

本村市長へ決意語る

5月13日号

永田屋が市と社協に寄附

永田屋が市と社協に寄附 経済

「今後も地域に貢献を」

5月7日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter