さがみはら南区版 掲載号:2021年4月22日号 エリアトップへ

連休「家で花火を楽しんで」 全国一斉、市内は3日・5日

文化

掲載号:2021年4月22日号

  • LINE
  • hatena
コロナ禍では、昨年からさまざまな打ち上げ花火の企画が生まれている。写真は相模原納涼花火大会実行委員会による「さがみはら元気花火」
コロナ禍では、昨年からさまざまな打ち上げ花火の企画が生まれている。写真は相模原納涼花火大会実行委員会による「さがみはら元気花火」

 新型コロナウイルス感染拡大が大型連休の過ごし方にも影響を及ぼそうとしている中、自宅に居ながら楽しめる花火イベントとして、5月3日(月)と5日(水)に「相模原花火駅伝」が開催される。地元の花火師や相模原納涼花火大会実行委員会、津久井観光協会、経済団体ら有志による相模原花火駅伝運営委員会(出頭(しっとう)義紀運営委員長)が、各日市内1カ所で大輪の花火を打ち上げる。同運営委員会は「子どもたちにゴールデンウィークの思い出にしてほしい」と話している。

 このイベントは、玩具花火や煙火などの企画・製造・販売を行う若松屋(愛知県)が、4月29日から5月5日までの間に日本各地で花火を打ち上げようと、Twitter Japanの協力のもと、全国の花火師に向けて開催を呼びかけた広域プロジェクト「♯花火駅伝」の一環。この広域プロジェクトは、「花火のチカラで日本中を笑顔に」をテーマに、7日間で全国100カ所以上の会場で花火の打ち上げが予定されている。

 相模原では、緑区大島の花火業者「相模煙火店」が発起人となり、関連団体に呼びかけて協力を得た。運営委員長で同店の出頭さんは、「さまざまなイベントが開催できず、携わっている業者も大変な状況。市民の皆さんも楽しみがない。花火を観て、少しでも元気になっていただきたい」と思いを語る。

会場は非公表

 市内の会場は感染リスクを抑えるため詳細を非公表としているが、3日は津久井湖の周辺、5日は相模川沿いで、午後7時頃から約5分、75発の花火が打ち上がる。打ち上げの様子は両日、YouTubeチャンネル「さがみはら情報局サガドゥ!」でライブ配信される。ドローンを活用した迫力満点の空撮映像も流される予定。出頭さんは「会場の詳細は明かせないが、多くの方に観ていただきたい」と話す。

 詳細は相模原納涼花火大会のツイッターで確認できる。打ち上げ花火やツイッター投稿の問合せは梶山さん【携帯電話】090・3590・8152へ

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチン接種の詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版のトップニュース最新6

ワクチン接種 円滑に

相模原市4月補正予算

ワクチン接種 円滑に 政治

総額22億8400万円

5月7日号

6年振り「相武ダービー」

SC相模原

6年振り「相武ダービー」 スポーツ

9日ホーム 町田迎え撃つ

5月7日号

4氏が厚生労働大臣表彰

4氏が厚生労働大臣表彰 社会

社会福祉功労者 市長に報告

4月29日号

「相模原愛」醸成へ条例制定

「相模原愛」醸成へ条例制定 社会

全国初 市「魅力発信を強化」

4月29日号

目標は「春夏連覇」

東海大相模

目標は「春夏連覇」 スポーツ

センバツ優勝を市に報告

4月22日号

連休「家で花火を楽しんで」

連休「家で花火を楽しんで」 文化

全国一斉、市内は3日・5日

4月22日号

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter