さがみはら南区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

JA相模原市 協同病院へ支援届ける 「守る募金」に1300万

社会

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
小泉代表理事組合長(左)と井關病院長  =JA相模原市提供
小泉代表理事組合長(左)と井關病院長  =JA相模原市提供

 感染症医療に尽力する相模原協同病院(緑区橋本台)を支援するため、JA相模原市は13日、同病院を「守るための募金」で集まった1336万3224円を同病院に寄贈した。

 同じJAグループに所属する同病院と医療従事者を支え、感謝の気持ちを伝えたいと、今年1月から窓口や店舗、振込などで呼びかけた募金活動。約3カ月で367人からの支援が集まった。

 JA相模原市の小泉幸隆代表理事組合長は「未だに新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中で苦労を重ねながら働く医療従事者の皆さまには、JAグループだけでなく多くの地域住民が感謝している。少しでもお役に立てれば」と目録と芳名帳を手渡した。

 井關治和病院長は「支援いただき感謝している。募金は感染予防対策への活用を検討している。依然として緊張状態が続く現場だが、皆さまからの温かいご支援、ご配慮を励みに職員一同、今後も地域医療のために尽くしていきたい」と力強く語った。
 

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

田んぼで田植え体験

新磯小児童

田んぼで田植え体験 教育

感染対策し2年振り実施

6月10日号

「描(か)くことは生きること」

「描(か)くことは生きること」 文化

現代美術家・上條陽子さん

6月10日号

来年度の新入園児見学会

相模すぎのこ幼稚園

来年度の新入園児見学会 教育

説明会も実施

6月10日号

自作の小麦で「うどん」を

自作の小麦で「うどん」を 社会

我ら「平成農業委員会」

6月10日号

広がる「SDGs」の輪

相模原市

広がる「SDGs」の輪 社会

パートナーは279者に

6月10日号

旬な「鮎」を一夜干しに

旬な「鮎」を一夜干しに 経済

1100円(税込) 城山商工会

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter