さがみはら南区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

市役所前さくら通り 「景観形成重点地区」に指定 来街者が集う憩いの場へ

社会

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
地区の将来のイメージ=相模原市提供
地区の将来のイメージ=相模原市提供

 市は14日、市道市役所前通の一部など、約1・5Kmにわたる「市役所前さくら通り地区」を、市内初となる「景観形成重点地区」に指定した。今後、広い幅員や桜並木などの特性を生かし、より市民がくつろぎやすく、市外からも訪れたくなるような景観づくりに努めていく。

 「景観形成重点地区」は、景観法に基づいて市が2010年に定めた「相模原市景観計画」の中で、積極的に景観形成を図る必要があると位置づけられた地区。同計画では市全域が景観計画区域とされ、その中で今回指定された市役所前さくら通り地区は、相模原駅周辺、相模大野駅周辺などとともに重点地区の候補として挙げられていた。市民桜まつりで市内全域から人が集まることや、17年に市が実施した景観に関する市民アンケートで「お気に入りの景観」としての回答が多かったことなどから、同地区が市内初の重点地区として選ばれた。

 指定されたのは市道市役所前通のうち、国道16号を除く横浜線踏切から横山二丁目交差点までの区間、および当該道路に接する土地。戦前の軍都計画で区画整理された幅員40mの道路は、春に沿道の約300本の桜が咲き誇り「さくら通り」の愛称で親しまれている。この桜並木は重点地区に先立ち12年に「景観重要樹木」に、さくら通りは17年に「景観重要公共施設」に指定されている。

 市は景観形成にこれらの特性を生かす考え。同地区の景観計画の方針に、「集い、くつろぎ、訪れたくなる、さくら並木の景観を育てる」を掲げ、「市を代表する景観の一つである桜並木と沿道の建築物などがつくる景観を大切に育み、市民が集いくつろぐとともに、市外からも訪れたくなる景観づくりに取り組む」としている。

独自の基準を設定

 景観計画区域(市全域)では一定規模以上の建築などを行う際に事前協議と行為の届け出が必要とされているが、重点地区では建築物などの形態やデザインなど、さらにきめ細かな基準が追加される。そのため今後、地区内で行われる新築や増改築、移転、屋外広告物の表示や設置などには、高さや色彩など市が定めた独自の景観形成基準などを満たすことが必要となる。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

沖縄への思いそれぞれ

沖縄への思いそれぞれ 社会

返還50年、出身者に聞く

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 市内を滑走

5月19日号

ステラ10周年切手を制作

日本郵便南関東支社

ステラ10周年切手を制作 スポーツ

NFPで贈呈式

5月12日号

南区から1人・1団体

春の褒章

南区から1人・1団体 社会

市内では2者のみ

5月12日号

障害児招きサッカー交流

ノジマステラ

障害児招きサッカー交流 コミュニティスポーツ

2度目のアクションデイ

5月5日号

12年で約2600人減

南区子どもの人口

12年で約2600人減 社会

3区の中では減少幅最小

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook