さがみはら南区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

市役所前さくら通り 「景観形成重点地区」に指定 来街者が集う憩いの場へ

社会

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
地区の将来のイメージ=相模原市提供
地区の将来のイメージ=相模原市提供

 市は14日、市道市役所前通の一部など、約1・5Kmにわたる「市役所前さくら通り地区」を、市内初となる「景観形成重点地区」に指定した。今後、広い幅員や桜並木などの特性を生かし、より市民がくつろぎやすく、市外からも訪れたくなるような景観づくりに努めていく。

 「景観形成重点地区」は、景観法に基づいて市が2010年に定めた「相模原市景観計画」の中で、積極的に景観形成を図る必要があると位置づけられた地区。同計画では市全域が景観計画区域とされ、その中で今回指定された市役所前さくら通り地区は、相模原駅周辺、相模大野駅周辺などとともに重点地区の候補として挙げられていた。市民桜まつりで市内全域から人が集まることや、17年に市が実施した景観に関する市民アンケートで「お気に入りの景観」としての回答が多かったことなどから、同地区が市内初の重点地区として選ばれた。

 指定されたのは市道市役所前通のうち、国道16号を除く横浜線踏切から横山二丁目交差点までの区間、および当該道路に接する土地。戦前の軍都計画で区画整理された幅員40mの道路は、春に沿道の約300本の桜が咲き誇り「さくら通り」の愛称で親しまれている。この桜並木は重点地区に先立ち12年に「景観重要樹木」に、さくら通りは17年に「景観重要公共施設」に指定されている。

 市は景観形成にこれらの特性を生かす考え。同地区の景観計画の方針に、「集い、くつろぎ、訪れたくなる、さくら並木の景観を育てる」を掲げ、「市を代表する景観の一つである桜並木と沿道の建築物などがつくる景観を大切に育み、市民が集いくつろぐとともに、市外からも訪れたくなる景観づくりに取り組む」としている。

独自の基準を設定

 景観計画区域(市全域)では一定規模以上の建築などを行う際に事前協議と行為の届け出が必要とされているが、重点地区では建築物などの形態やデザインなど、さらにきめ細かな基準が追加される。そのため今後、地区内で行われる新築や増改築、移転、屋外広告物の表示や設置などには、高さや色彩など市が定めた独自の景観形成基準などを満たすことが必要となる。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「オリパラで街を元気に」

相武台地区

「オリパラで街を元気に」 社会

住民らが関連イベント

7月22日号

「先輩の悲願」胸に栄冠

「先輩の悲願」胸に栄冠 スポーツ

相陽中野球部 初の全国へ

7月22日号

2年振り「相模原薪能」

2年振り「相模原薪能」 文化

コロナ対策徹底し実現

7月15日号

人権意識、かるたで学ぶ

相陽中

人権意識、かるたで学ぶ 教育

生徒会本部がアイデア

7月15日号

交通安全願い 啓発物制作

相模原南警察署

交通安全願い 啓発物制作 社会

署員がイラスト描く

7月8日号

大船渡から礼状届く

相模女子大ボラ委員会

大船渡から礼状届く 教育

手作り紙芝居に感謝

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 7月15日0:00更新

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter