さがみはら南区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

児童が選手に直接質問も 夢の丘小 カナダ選手と交流事業 特製旗やうちわで応援 

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
(左上)寄贈した応援旗(左下)応援うちわを振る児童(右)参加したカナダ選手たち=12日
(左上)寄贈した応援旗(左下)応援うちわを振る児童(右)参加したカナダ選手たち=12日

 東京五輪に向けた事前キャンプを行っているカナダ代表ボートチームの選手たちとホストタウンである相模原市は12日、夢の丘小学校(当麻)で児童を対象とした交流事業を実施した。

 夢の丘小は総合学習の時間でオリンピック・パラリンピックをテーマとしているのに加え、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する、競技会場の一角に児童が栽培したアサガオを並べる事業「フラワーレーンプロジェクト」に協力していることから、今回の交流事業の対象校となった。

 コロナ感染拡大防止により選手の学校訪問が叶わない中、市は代替案として選手団にオンラインによる交流を提案。今大会は無観客での競技開催となるため、ホストタウンとして市内の子どもたちがカナダの活躍を願っているという姿勢を選手団側に伝えたところ、快く応じる形で今回の交流事業が実現した。

 当日は4年生児童55人と選手6人が参加。選手たちへの質問の会では、「ボートを始めたきっかけは?」との問いに、女子軽量級ダブルスカルに出場するジル・モファット選手が「18歳の時に友達をつくろうと始めた」答え、「チームメイトと同じ意識で出られる五輪はうれしい。カヌーは私にとって大切なもの」と思いを込めた。

 加えて、「何かを決めるのにまとまらなかったらどう解決しているか」との問いには男子軽量級ダブルスカルのマックスウェル・ラティマ―選手が答え、「一番大事なのは皆で同じゴールをめざすこと。自分の意見を言うことよりも仲間が考えていることに耳を傾ける事が大切だ」と助言を送った。一方、選手からの逆質問もあり、「皆さんにとって今回の東京五輪とは?」の問いに「皆で心を同じにする時間」「勝利は皆で喜び合い、負けたらもっと応援する。そんなお祝いの大会」との声が聞かれた。

 児童は事前に手製の応援旗も贈呈した。受け取った選手は感激した様子を見せ、「(描かれた金メダルを見て)あの金メダルがほしいね。私たちはあのメダルをめざしているんだよね」と互いに気持ちを高め合っていたという。児童代表の春山萌愛さん(9)は「(五輪が終わった後に)選手たちにありがとうと言ってもらえるように応援したい」と話し、エールを送った。

シニアの方必見!

10月2日・3日開催 地方公共団体等退職予定者向け採用説明会・相談会

https://www.kmes-kanagawa.or.jp/

<PR>

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

「桜守」の基礎知識を学ぶ

【Web限定記事】養成講座 受講者募集中

「桜守」の基礎知識を学ぶ 社会

9月23日号

サッカーWEリーグ・ノジマステラ 第2節浦和レッズ戦は惜敗

2年ぶり 梅酒「翠想」販売

【Web限定記事】相模女子大学と酒造がコラボ

2年ぶり 梅酒「翠想」販売 経済

sagamixで23日から

9月23日号

秋講座の受講生募集

まなびのライブ塾

秋講座の受講生募集 教育

9月23日号

サッカーJ2・SC相模原、レノファ山口に快勝 降格圏脱出

女子美アートミュージアムでコレクション展「舞楽装束」

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook