さがみはら南区版 掲載号:2021年9月30日号 エリアトップへ

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した 石川 雄洋さん 東京都在住 35歳

掲載号:2021年9月30日号

  • LINE
  • hatena

熱く挑む35歳のルーキー

 ○…今年5月にノジマ相模原ライズに入団。7月に今季のメンバー入りを果たし、9月4日の開幕戦で早くもフィールドに立った。持ち前の俊足を飛ばしパスキャッチも記録したが、「パス1本取れただけ。ここから始まると思って根気強く積み重ねていきたい」と控えめに笑う。16年間活躍したプロ野球の世界とは異なる、激しい接触を伴うコンタクトスポーツの舞台。経験者がそろうチームの中、相模原で新たなスタートを切った。

 ○…静岡県出身。小学3年生の時に野球を始め、横浜高校時代には2度、甲子園の土を踏んだ。2004年に横浜ベイスターズ(当時)に入団。プロ野球選手として「横浜一筋」で駆け抜けた。20年に戦力外通告を受け、次のキャリアについて考える中で、高校からの友人がアメフトの世界で活躍していたことを思い出し、「年だけど、何事も始めるのに年齢は関係ない」と一念発起。2カ月間のトレーニングを経て出場した試合では、久々のチームプレーに胸が熱くなった。

 ○…人生の半分以上を過ごす神奈川への思い入れは強く、「スポーツで育ててもらった恩返しをしたい」と意気込みを見せる。その最初のステージとなるのが、ライズの本拠地である相模原。相模原球場とは縁があり、高校時代やベイスターズでプレーした思い出がよみがえる。

 ○…今回の挑戦に至った原動力の一つは、子どもたちに「かっこいい姿」をもう一度見せること。「スポーツをやろうか迷っていたり、新しいことを始めたい子たちに勇気を持ってほしい」と、言葉に熱がこもる。野球選手からアメフトへの転身を遂げた35歳のルーキーは、これからも愚直なプレーで子どもたちを、相模原市民を魅了し続けることを誓った。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

大谷 喜一郎さん

相模原市みどりの少年団・大野中地区の団長を務める

大谷 喜一郎さん

鵜野森在住 72歳

11月25日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

相模大野在住 49歳

11月4日号

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

女性のためのマネーセミナー

ユニコムプラザさがみはらにて開催。問合せは事務局0120-804-604。

https://forms.gle/csn8VpLwT4sQ6xFv9

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook