さがみはら南区版 掲載号:2021年10月21日号 エリアトップへ

地域に貢献 「見える形」で 上鶴間高が社協に寄付

コミュニティ社会

掲載号:2021年10月21日号

  • LINE
  • hatena
いっぱいの文房具を贈られ喜ぶ「てらこや食堂ラッキーズ」の石井代表(中央)と社協職員
いっぱいの文房具を贈られ喜ぶ「てらこや食堂ラッキーズ」の石井代表(中央)と社協職員

 神奈川県立上鶴間高校(小林芳明校長)の生徒会が、「地域のために役立ててほしい」と、昨年の文化祭で集まった金額を大野南地区社会福祉協議会に寄付した。同協議会では、寄付金を文房具などに変え、地元で活動する子どもの支援団体に寄贈した。

子ども支援団体に文具

 同高では、文化祭の中で使用できる「金券」を、生徒ならびに来場者に販売している。しかし、文化祭終了後に払い戻しをしない人が多くあり、例年、必ず余剰金が発生していた。

 通常であれば生徒会が、その年の「赤い羽根共同募金」に参加し、集まった金額と余剰金を併せて寄付していたが、昨年はコロナ禍のために募金活動自体が中止に。そこで残ったお金をどうするか、生徒会で思案していた。

 生徒会の役員で議論した結果、「地元のために役立てたい」との声があがり、相模原市社会福祉協議会に相談。生徒からは「目に見える形にしてほしい」との要望もあったため、同協議会では子どもたちを支援している団体に、文房具などを贈る形とした。

心遣いに感謝

 寄付を受けた大野南地区社協では、上鶴間高校から寄せられた26490円に3510円を追加して3万円を用意。贈り先には、区内で活動する子ども食堂「てらこや食堂ラッキーズ」、学習支援を行う「無料塾ひばり学校」「おひさま学級」の3団体を選んだ。

 おひさま学級には9月21日に文房具とお菓子、てらこや食堂ラッキーズには9月30日に文房具、ひばり学校には10月10日に「上鶴間高校寄贈」と彫られたシャープペンシルが各1万円分プレゼントされた。

 ルーズリーフや鉛筆、ボールペンなど大量の文房具を贈られた「てらこや食堂ラッキーズ」の石井としこ代表は、「上鶴間高校の皆さんに、子ども食堂に心を寄せてもらい、たくさんの文房具をいただき本当に感謝している。この文具を使用して学んだラッキーズの子どもたちが、将来、上鶴間高校に進学できるくらいの学力をつけてくれたら嬉しい」と笑顔で話していた。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

神奈川制し、全国へ

鶴の原ヤングノーブルズ

神奈川制し、全国へ スポーツ

ティーボール大会で

12月2日号

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

大型物流施設 市民に開放

大型物流施設 市民に開放 文化

「地域共生」に注力

11月25日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月18日号

男子が25年ぶり栄冠

東海大相模陸上競技部

男子が25年ぶり栄冠 スポーツ

県高校駅伝大会

11月18日号

住民楽しませる花道を

大野小3年生

住民楽しませる花道を コミュニティ教育

球根植え、来春に開花

11月11日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook