さがみはら南区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

相模原市12月補正予算案 ワクチン3回目接種が柱 一般会計、総額約68億円

経済

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は11月12日、市議会12月定例会議に2021年度12月補正予算案を提出した。総額は一般会計で68億4300万円。新型コロナウイルス対策事業及び、新型コロナワクチンの3回目接種を実施する必要経費を予算の中心に据えている。

 今回の予算案では、新型コロナウイルスワクチン接種事業に17億1900万円を計上。2回目接種からおおむね8カ月以上経過した市民に対し、3回目の接種を実施するための必要経費15億7900万円と、職員構成の変動や保健所業務従事職員の特殊勤務手当の増額費用等に1億4千万円を計上した。また、新型コロナにより影響を受けている急病診療所や市立診療所の安定的な運営の支援として2億340万円を盛り込んだ。

 新たに設置された「まち・ひと・しごと創生基金」の積立金として2億7千万円を計上した。企業版ふるさと納税などの寄付金は年度内に消化しなければならず、適切な使用先を練る時間が少なかったため、基金として積み立てておいて必要な時に予算を付ける仕組みにした。個人からのふるさと納税による寄付金も移し替えられる。

 小中学校校舎改造事業には25億9990万円を盛り込んだ。鳥屋小学校と鳥屋中学校の義務教育学校への移行に向けた中学校校舎の改修・増築と小中学校校舎の長寿命化改修などを行う。

 児童相談所運営費には4793万7千円を計上。児童相談所に配置する児童福祉司と児童心理司について法令による配置基準の見直しも含め、昨年度の児童虐待件数に応じた人員の増員に対応する。また、これまでは中央区の児童相談所と緑区の事務室しかなかったが、南区内にも事務室を構えるための経費に充てられる。

 緑地等維持管理費、公園等維持管理費には2000万円を盛り込んだ。緑地・公園におけるナラ枯れの被害が拡大していることから人的・物的被害のおそれがある木の伐採を行うもの。ナラ枯れはカシノナガキクイムシと呼ばれる害虫が媒介する菌が原因となって樹木が集団で枯れる伝染病。

 12月補正予算案を含む議案は、12月定例会議で審議される。

さがみはら南区版のトップニュース最新6

「まん延防止措置」 再び適用

「まん延防止措置」 再び適用 社会

2月13日(日)まで

1月27日号

石澤開選手、日本王者に

中央区出身プロボクサー

石澤開選手、日本王者に スポーツ

ミニマム級 8回TKOで

1月27日号

パラグライダーで頂点

磯部在住多賀純一さん

パラグライダーで頂点 スポーツ

JHF日本ランク1位に

1月20日号

受賞店舗が決定

相模原お店大賞

受賞店舗が決定 経済

飲食部門大賞に「NOBU」

1月20日号

学生が企画「水族館展」

北里アクアリウムラボ

学生が企画「水族館展」 教育

開設10周年記念の特別展

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月13日号

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

グランドオープン内覧会&相談会

2月4日(金)まで あんしん倶楽部 特別入会キャンペーン開催中

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月27日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月23日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook