さがみはら南区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

相模原市みどりの少年団・大野中地区の団長を務める 大谷 喜一郎さん 鵜野森在住 72歳

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

花いっぱいの街づくりを

 ○…市立大野小学校の正門周辺にフラワーロードを作ろうと今月、児童や保護者、地域住民らが球根を植えた「おおちゃん 花いっぱいプロジェクト」。きっかけとなるチューリップの球根を贈った市みどりの少年団を代表してプロジェクトに参加した。児童らが学校に植えた球根は800個。「みんないきいきとした表情で植えていたね」と目を細める。

 ○…大野小は自身の母校でもある。小学生の時は学校周辺に自然が多かったという。「自然の中で遊びながら帰るのが当たり前だった」と当時を懐かしむ。中学生になった頃、川の水質汚染が社会問題となり関心を持つと、信州大学に進み水質環境を学んだ。卒業後は県内広域水道企業団に勤め、水質検査に従事してきた。

 ○…定年退職を迎えた頃、地域の子ども会をまとめる大野中地区子ども会育成連絡協議会の代表就任と同時に、中地区少年団の団長を務めることに。それから約15年にわたり、緑の大切さを教えながら子どもたちの健全な育成に携わってきた。省エネや再生エネルギーなど環境を学ぶ機会も多い中、「楽しみながら環境を学び、答えは自分で見つけてもらう」のが信条。「15年で成果が形になってきたかな」と満足げな表情を浮かべる。

 ○…2年後には大野小は創立110周年を迎える。それに合わせ毎年球根を贈り、校舎全体が花で彩られるのを期待している。「花は形に残るもの。フラワーロード作りの輪が広がり、公園や緑道も花で彩るまちにしていきたい」と活動の継続に意欲的だ。原動力は環境問題にもある。「自然を守らなければいけないのは、もう子どもたち自身の未来に関わっている。球根を植えるささいな活動で環境に対する意識を持ってもらえたら」

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら南区版の人物風土記最新6

大谷 喜一郎さん

相模原市みどりの少年団・大野中地区の団長を務める

大谷 喜一郎さん

鵜野森在住 72歳

11月25日号

松田 桂吾さん

相模原法人会青年部会の部会長を務める

松田 桂吾さん

相模大野在住 49歳

11月4日号

池田 早苗さん

書家としてふるさとで初の個展を開催した

池田 早苗さん

相武台在住 75歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

東林間在住 62歳

9月16日号

厚木で宿泊するとクーポン進呈

12月1日~厚木の旅館・ホテルに宿泊すると1人1枚千円クーポンプレゼント!

https://www.atsugi-kankou.jp/

女性のためのマネーセミナー

ユニコムプラザさがみはらにて開催。問合せは事務局0120-804-604。

https://forms.gle/csn8VpLwT4sQ6xFv9

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook