さがみはら南区版 掲載号:2022年2月17日号 エリアトップへ

市一般会計当初予算案 過去最大3112億円 税収増 新規事業も多数

政治

掲載号:2022年2月17日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は9日、2022年度の当初予算案を発表した。一般会計は前年度より123億円増(前年度比4・1%増)の3112億円で、減少した前の年から一転、過去最大の予算規模となった。これまで補正予算で対応してきた新型コロナワクチン接種の経費に約34億円を計上したのに加え、扶助費などの増加が主な要因。市税収入が前年度から大幅な増収を見込んでいることも後押しとなり、厳しい財政状況ながらも積極姿勢が表れた予算編成となった。当初予算案は市議会3月定例会議で審議される。

個人市民税が増収

 市の年間収入を示す歳入では、市税が前年度に比べ83億円増の1307億円(同6・8%増)に。個人市民税については前年度当初予算では新型コロナの影響による大幅な減収を見込んでいたが、持続化給付金などの国からの支援策による効果もあり、税収への影響が限定的だったことから約47億円の増収となる見通し。固定資産税も新型コロナの緊急経済対策にかかわる減免などの税制上の措置が終了するため、約23億円の増収。自治体間の財源の不均衡などを調整する地方交付税は国の計画に基づき、76億円増(同66・7%増)の190億円となる。

コロナ対策引き続き重点

 歳出では、PCR検査体制や医療提供体制の確保、コロナワクチン接種などの感染症対策に約47億円。

 併せて、ポストコロナを踏まえた経済対策として、市内中小企業に対し設備面を通じた感染対策と事業継続を両立させるために行う取り組みへの補助のほか、商店街をはじめとした商業団体が自ら企画・実施するイベントなどの集客事業への支援として約2億円を組んだ。

再生エネ導入へ加速

 新規事業としては、とりわけ2050年の二酸化炭素排出量の実質ゼロをめざすカーボンニュートラルの取り組みとして、再生可能エネルギーの導入へ向けた促進区域を設定する調査などに約3880万円を組んだ。事業の予算化によって再生可能エネルギーの利用を促進するとともに、脱炭素型のまちづくりを推進する取り組みを加速化させていく方針。

 加えて、中学校給食の全員喫食の実現にも注力。必要な調査費用については約3650万円を盛り込む。承認されれば、市民や有識者らで構成される検討委員会を設置し、全員喫食への具体的な検討を進めていく考えだ。

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

事件から6年 犠牲者悼む 

津久井やまゆり園

事件から6年 犠牲者悼む  社会

追悼式で遺族ら黙祷捧げる

8月11日号

「えんとこ」上映会

伊勢真一監督作

「えんとこ」上映会 文化

13日、グリーンホール

8月11日号

ステスクで屋上シネマ

ステスクで屋上シネマ 社会

8月13・14日

8月11日号

OGに感謝の大逆転V

OGに感謝の大逆転V スポーツ

大野台中女子ソフト

8月11日号

自治会・町内会むけ防災ボトル

災害時に役立つ6品が、これ1つに 10月新発売

自治会・町内会むけ防災ボトル 社会

名入れ、オリジナル制作も対応

8月11日号

PTAと市内企業が連携

PTAと市内企業が連携 教育

桜台小でロボット教室

8月11日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook