さがみはら南区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

木もれびの森の花と木々を守る会の代表を務める 杉山 信義さん 中央区相模原在住 74歳

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

森づくりにふくらむ期待

 ○…大野台に広がる木もれびの森の未整備地で保全活動を行う新たな団体を立ち上げ、12人の会員でスタートを切った。「ちょっと高齢者が多いけどね」と苦笑するが、「12人も集まるなんて十分すぎる」と満足した表情を見せる。木もれびの森を連想させる『ここもも』の愛称がすぐに思いつきお気に入りだ。住民に参加を促そうと、ここもものロゴが入った名刺を配りまちを奔走する。

 ○…定年間際まで勤めた大学で緑に関する公開講座の担当だったことから緑に関心があった。退職後、多摩市のグリーンボランティア講座で2年間学んだ。チェーンソーと刈払機の使い方を習得し、一人前になったと実感。地域に貢献したいと木もれびの森で活動しているNPOに参加し保全活動に勤しんだ。「森が好き。快適なんだよね」。気付けば定年後のほとんどの時間を森に費やしている。

 ○…川崎市出身。自宅から4Km以上離れた小学校に通い、通学路にある小川の流れる神社で過ごすのが好きな少年だった。結婚後、娘が生まれ相模原に。矢部の一軒家に住み、隣が畑だった。「小学4年生だった娘が『ここは夢みたいなところだね。木があったり畑があったりすごく良いじゃない』と喜んでくれた」と微笑む。それから相模原から離れられなくなった。

 ○…相模原に来た当初、木もれびの森の広大さ圧倒されたという。それでも整備されている区域はほんのわずか。ここももが保全活動する区域はもちろん、人の手がまったく入っていない未整備の森だ。「一から自分たちのやり方で森を整備できるめったにない機会。多くの方に携わってほしいですね」。自分たちの森で四季折々の自然を味わえる魅力を多くの住民に伝えていく。

さがみはら南区版の人物風土記最新6

北島 寿(ひさ)子さん

50年続き、一度は閉鎖したバレエスクールを再開させた

北島 寿(ひさ)子さん

相模台在住 82歳

6月23日号

神藤(しんどう) 昭嘉さん

相模原市陸上競技協会の会長を務める

神藤(しんどう) 昭嘉さん

緑区相原在住 74歳

6月16日号

貝瀬 壮(たける)さん

第20回全日本新体操ユースチャンピオンシップ男子新体操個人で優勝した

貝瀬 壮(たける)さん

光明学園相模原高3年 17歳

6月2日号

石川 正典さん

130周年を記念して母校の新磯小学校に桜を寄贈した

石川 正典さん

新戸在住 56歳

5月26日号

渡辺 加代子さん

神奈川県看護協会相模原支部の支部長を務める

渡辺 加代子さん

渕野辺総合病院勤務 67歳

5月19日号

田野村 順子さん

保護司として春の褒章で藍綬褒章を受章した

田野村 順子さん

御園在住 75歳

5月12日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook