さがみはら南区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

SC相模原ボランティアスタッフ紹介【1】 「一員」として頑張る 緑区三ケ木在住・三樹知美さん

スポーツ

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
「宝物」という思い出のTシャツを持つ三樹さん
「宝物」という思い出のTシャツを持つ三樹さん

 サッカークラブSC相模原の試合運営はさまざまな人のボランティアで支えられている。ボランティアに登録した人たちの横顔を紹介していく(随時掲載)。

 ―SCを知ったきっかけは

 「主人がサッカー観戦が好きでコンサドーレ札幌の試合をよく観に行っていました。2014年に高原直泰選手が移籍してからSCを応援するようになりました」

 ―ボランティアに登録した動機は

 「最初の試合観戦でピッチの入口で見た選手が格好良くて(笑)。試合スタッフになれば近くで見ることができると思い15年に登録しました。不純な動機です(笑)。ただ、その後4年間は『皆勤』でした」

 ―会場ではどのようなことをしていますか

 「以前は総合案内の役割で来場者が困ったことに対応したり、選手へのメッセージを預かったり、試合前に旗をあげたり。割と動き回る仕事が多かったです。今は関係者受付にいます」

 ―続けて良かった点は

 「延べ7年やっていますが、先輩や新しく入った人らとの交流は楽しいです。それぞれひいきのチームがあっていつも試合の話で盛り上がります」

 ―改めて、なぜボランティアを続けられているのですか

 「自分にとって必要とされている場所。今は、生活の一部になっています。チームの一員として頑張っている感じがある点ですかね」

 ―ボランティアを始めてからの1番の思い出は

 「実は大病を経験して1年間休んだことがあります。入院していたら、選手、スタッフ、ボランティアの仲間のメッセージが書かれたTシャツをいただきました。本当にうれしくて闘病中、『復活したい』と強く思いました。Tシャツのおかげで元気になることができました」

さがみはら南区版のローカルニュース最新6

事件から6年 犠牲者悼む 

津久井やまゆり園

事件から6年 犠牲者悼む  社会

追悼式で遺族ら黙祷捧げる

8月11日号

「えんとこ」上映会

伊勢真一監督作

「えんとこ」上映会 文化

13日、グリーンホール

8月11日号

ステスクで屋上シネマ

ステスクで屋上シネマ 社会

8月13・14日

8月11日号

OGに感謝の大逆転V

OGに感謝の大逆転V スポーツ

大野台中女子ソフト

8月11日号

自治会・町内会むけ防災ボトル

災害時に役立つ6品が、これ1つに 10月新発売

自治会・町内会むけ防災ボトル 社会

名入れ、オリジナル制作も対応

8月11日号

PTAと市内企業が連携

PTAと市内企業が連携 教育

桜台小でロボット教室

8月11日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook