さがみはら南区版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

春の褒章 南区から1人・1団体 市内では2者のみ

社会

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
(後列左から時計回りに)今野明子さん、小飯塚敏子さん、淺野いづみさん、山下善子さん、田村葉(みどり)さん
(後列左から時計回りに)今野明子さん、小飯塚敏子さん、淺野いづみさん、山下善子さん、田村葉(みどり)さん

  政府は2022年春の褒章受章者を発表。市内では南区で活動する筆記通訳サークルもみじが緑綬褒章を、保護司の田野村順子さん(75・御園、関連に人物風土記)が藍綬褒章を受賞した。

筆記通訳サークルもみじ

 緑綬褒章は長年社会ボランティア活動等に従事し、顕著な実績を挙げた人・団体に贈られる。

 もみじは、聴覚障害者や難聴者らのために、大学の講義や冠婚葬祭場のアナウンスなど、話し言葉を手書きやパソコンを使って文字で伝える要約筆記でサポートしている。2019年には南区とも関係の深い宇宙航空研究開発機構(JAXA)から「はやぶさ2」に関する動画配信で、管制室での会話のやり取りをパソコンで要約筆記する依頼なども請け負っている。

 会は市や県の養成講座を受講した人らが集まり1995年に発足。現在は32人が所属。月2回の定例会や勉強会で技術と鍛錬を積む他、小中学校で児童・生徒らに手書き通訳を紹介している。淺野いづみ会長は「書く技術だけでなく障害について学ぶことも大切。受章をきっかけに会を知ってもらいつながりを広げられたら」と語った。

 なお要約筆記者養成講座は現在受講者を募集中。申込みは6月10日まで。問合せは障害者支援センター松が丘園【電話】️042・758・2121。

田野村順子さん

 藍綬褒章は保護司など国や地方公共団体から依頼される公共の事務に尽力した人に贈られる。

 褒章受章に対し田野村さんは「皆様のお支えのおかげで評価していただきました。慎んで受章させていただきます」と謝辞を述べた。

 田野村さんは50歳の時に保護司を受けて以来、25年間保護司を続けており、2013年には相模原市から功労表彰を受けている。今後については「これまでさりげなく見守り、私なりに寄り添ってきましたので、今後も気を引き締めて対応していきたいと思います」と語った。

田野村順子さん
田野村順子さん

さがみはら南区版のトップニュース最新6

南、緑の「分割解消」へ

衆議院区割り案

南、緑の「分割解消」へ 政治

神奈川県は定数2増

6月23日号

県内被害は約10億円

特殊詐欺

県内被害は約10億円 社会

今年に入り管内でも急増

6月16日号

気づいて、「学習困難児」

気づいて、「学習困難児」 教育

区内NPOが研究会開催

6月16日号

北欧で体験、自閉症支援

北欧で体験、自閉症支援 社会

やまびこ会・山田さんが講演

6月9日号

商店街応援 今年も補助金

商店街応援 今年も補助金 経済

市 「地域ににぎわいを」

6月9日号

アスリート育成し30年

市小学生陸上教室

アスリート育成し30年 コミュニティスポーツ

コロナ下経て、本格始動

6月2日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook