さがみはら南区版 掲載号:2022年6月30日号 エリアトップへ

つながるフェス 双子、三つ子集まれ! 多胎児の悩み共有

社会

掲載号:2022年6月30日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手にする勝亦さん
チラシを手にする勝亦さん

 双子や三つ子など多胎児を持つ保護者が集まり、情報共有をしたり一緒に楽しんだりできるイベント「つながるフェスinさがまち」が7月10日(日)、ユニコムプラザさがみはらで開催される。参加無料。

「孤育て」にしない・させない

 つながるフェスは、相模大野ツインズクラブ(勝亦詩子代表)と町田市多胎児の会ひよこまめの2団体が実行委員会を作り主催する。今年が2回目。昨年はコロナ禍でオンライン開催だったためリアル開催は初となる。

 今回は「一人で抱え込まない」をテーマに、社会福祉士で(株)ふたごじてんしゃ代表取締役の中原美智子さんによる講演、地元の北里大学病院や同大看護学部が協力する多胎児を迎える準備講座や妊婦体験、多胎児用品の展示、フリーマーケットなどを開催。夫婦や家族連れで参加しやすいようイベント形式にしたり、複数のイベントに参加しやすいようワンストップで回れる屋内の会場にしたりと工夫を凝らした。

 勝亦さんも現在、9歳になる双子の女児を持つ母親。「多胎児の大変さはなってみて初めて気づくことが多い。しかし子育ての大変さに対する認知度が低く、支援体制も十分でない。また一度に2人抱っこができないことから愛情やスキンシップが少ない、大変過ぎて自分の子をかわいいと思えない、など罪悪感で自分を責めてしまう母親が少なくない」と話す。自身の経験からつながりを持つ場所が必要とクラブを発足。年に3回「お喋り会」を開催。つながりを持つ活動を始めたが、コロナ禍で2年間中止に。お喋り会はようやく今月から再開した。

 フェスは午前10時30分から午後3時30分。参加・出入り自由だが、一部事前申込みが必要な講座やオンラインで参加できる企画あり。申込み及び詳細はホームページhttps://tsunagarufes.jimdofree.com/または「つながるフェス」で検索。 

さがみはら南区版のトップニュース最新6

甲子園行きに貢献

鉾丸蒼太選手(横浜高校)

甲子園行きに貢献 スポーツ

俊足、巧打持ち味活かす

8月11日号

制服回収箱を庁舎に設置

制服回収箱を庁舎に設置 社会

想定査定額を市へ寄付

8月11日号

「晴れの日」をプレゼント

「晴れの日」をプレゼント 文化

市民団体が応援撮影会

8月11日号

「見えない障害」に理解を

高次脳機能障害

「見えない障害」に理解を 社会

当事者ら協力、冊子制作

8月4日号

3年ぶりに再始動

東林間阿波踊り

3年ぶりに再始動 文化

配信動画による視聴のみ

8月4日号

「おださがRC」が発足

「おださがRC」が発足 経済

正式認証は8月中旬頃

7月28日号

相武台ほうさい殿ご葬儀個別相談

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

https://www.sougi-itabashi.co.jp/housaiden/26sobudai/

出張サポート窓口開催中

マイナンバーカードの申請出張サポート窓口を市内の商業施設などで開催しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/tetsuzuki/1024432.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

さがみはら南区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook