さがみはら南区版

相模原市

コロナ対策に11億円

4月補正予算が可決

掲載号:2020年4月30日号

 相模原市議会は24日、定例会第1回臨時会議を開き、新型コロナウイルス感染症対策に関わる経費などを計上した2020年度4月補正予算案を含む3議案を可決した。

 補正予算は一般会計で11億1600万円。主な内容は、新型コロナウイルス感染症に関わる入院医療費や軽症患者等の宿泊療養施設の確保など、感染症予防対策費事業に7億1683万8千円。また、PCR検査の保険適用に伴い、患者の自己負担に相当する検査費用等の負担など感染症発生動向調査事業に864万4千円。検査体制強化に伴う検査機器等の経費として242万1千円を衛生検査研究費として計上した。

 さらに小中学校の臨時休業により、給食食材のキャンセル等に要した費用として、学校臨時休業対策負担金6076万4千円。N95マスクや感染防止衣など救急活動に必要となる消耗品購入のための救急活動費2438万1千円も盛り込んだ。

 財源は感染症予防費負担金などの国庫支出金のほか、市の財政調整基金を活用する。

さがみはら南区版のトップニュース3件