さがみはら緑区版 掲載号:2011年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

公用車にEV導入 温暖化対策、普及促進がねらい

導入式(2月3日)でEVを背景に加山市長
導入式(2月3日)でEVを背景に加山市長

 相模原市は地球温暖化対策の一環として今月から5台の電気自動車(EV)を導入し、公用車として業務使用を始めた。

 今回、導入されたのは本庁舎に日産リーフ2台、各区に三菱アイミーブ1台ずつ。EVは二酸化炭素を排出せず、エネルギー効率が優れているなど、地球温暖化対策に有効とされている。市では、今回の導入を温暖化対策のほかに、「市民や事業者への普及促進を図る」とも話している。今後は業務に使用されるほか、イベントでのPR、学校や公民館などでの環境教育・環境学習に活用し、さらなる普及に努めていくという。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク