さがみはら緑区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

津久井湖さくらまつり 被災地に"津久井"の元気を 中止から一転 復興支援を目的に「花の苑地」だけで開催

毎年多くの人で賑わう津久井湖さくらまつり。今年は後興支援を目的に花の苑地だけで開催される
毎年多くの人で賑わう津久井湖さくらまつり。今年は後興支援を目的に花の苑地だけで開催される

 東日本大震災の影響で開催中止が検討されていた「第14回津久井湖さくらまつり」。主催する同実行委員会では、被災地への復興支援を目的とした義援金の募金活動と収益の一部を寄付するイベントとして、4月2日、3日に「花の苑地」で開催される見通しとなった。両日は、当初の予定を大幅に変更して、「元気だそうよ ニッポン」と題し、災害支援コンサートなどが行われる。

 津久井湖城山公園(水の苑地・花の苑地)は毎春、見事な花を咲かせ、地域随一の桜の名所として知られている。桜の開花を祝い、毎年4月1週目に「津久井湖さくらまつり」を開催し、毎年多くの人で賑わっている。今年は主催者側の意向で、旧城山側の「水の苑地」と、旧津久井側の「花の苑地」で分かれて開催を予定していた。

 しかし、今回の震災で両イベントとも中止の方向で話が進められることに。津久井湖版B級グルメなどの企画を予定していた「水の苑地」では開催を見送ることを決定。今後代替イベントを検討していくという。

 一方、「花の苑地」では、関係者が協議を重ね、震災の復興支援という形で開催することを決断。夜桜のライトアップ等は中止するものの、犠牲者への黙祷やオカリナ演奏等の支援コンサート、特産品や模擬店等の出店に募金箱を設置するなど、大幅に内容を変更して行われることになった。開催時間は2日が10時〜16時、3日が10時〜15時。

 同まつり(花の苑地)の実行委員会の秋本昭一実行委員長(津久井観光協会会長)は「今回の大震災で緑区内のほとんどのイベントが中止になっています。しかし、比較的影響の少ない我々の地域が活性化しなければ、日本全体に勢いがなくなります。こんなときこそ心を一つにするべきだと思い、復興支援という形で開催することを決断しました。募金や我々の元気を被災地へ送ることが大切ですので、協力をお願い致します」と話している。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

NFLチアに挑戦

元Suns天満谷さん

NFLチアに挑戦

3月8日号

地域で子育て、50年

大沢地区子連

地域で子育て、50年

3月8日号

銃や甲冑、戦国再現

津久井城

銃や甲冑、戦国再現

3月1日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク