さがみはら緑区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

家庭の不要品をリメイク、収益金を寄付するボランティアグループ「青い鳥」の代表 前川好子さん 緑区太井在住 

人の善意の繋がりに感謝

 ○…各家庭から不要となって寄付された品物を販売し、その収益金を地域の社会福祉協議会や介助犬センター等に寄付する活動を行うボランティアグループ『青い鳥』の代表を務める。集められた品物は、手芸品や着物、浴衣などは会員がバックやエプロン、帽子、布草履などにリメイクして「手作り市」に、古着や雑貨、贈答品などは直接「フリーマーケット」に分別して販売する。昨年は、鳥居原ふれあいの館や津久井湖観光センター、地域のイベントなどに60回近く参加、約60万円寄付をした。「手芸・裁縫が得意な人、編み物がうまい人、接客向きな人など、会員は各々の得意な分野で活躍しています。皆自ら積極的に動いてくれるので、助かっています」と笑顔で話す。

 ○…青い鳥は平成17年6月に3人で結成。年々会の活動の賛同者が増え、現在は26人の会員が在籍する。「人と人のみならず、物と物の繋がりもあり、衣類はアフリカ、ボタンはネパールなど支援の輪は世界に広がっています。今後も多くの繋がりを大切に活動していきたい」

 ○…東日本大震災の被災地に義援金を届けるフリマを緑区内で4月から開催している。多くの人の支援もあり、今までにないほど物品が集まってきた。「青い鳥は、ワタを再生する福島県のNPОと深い関係があり、震災直後から連絡をとって支援しています。今後は風評被害で苦しむ農家のため、安全な野菜などを、こちらで販売したりして手助けしたい」と力強い。

 ○…ボランティア活動を始めるまでは、15年以上添乗員として勤務。仕事が忙しく、ご主人とも時間的なすれ違いも多かった。「青い鳥の活動を始めてから、半年ぐらいして夫も協力してくれ、今では中心メンバーです。夫婦で歩いていると、青い鳥の方ですね、と声をかけてくれる程、グループが浸透しているのが本当に嬉しいですね」と笑顔で話してくれた。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

榎本 陽治さん

城山商工会スタンプ会の会長を務める

榎本 陽治さん

3月15日号

梅澤 勉さん

津久井商工会・次世代まちづくり構想委員会の委員長として地域貢献に取り組む

梅澤 勉さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

田畑 直美さん

『橋本の子守歌』を作曲し、相模原市立図書館に寄贈した

田畑 直美さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク