さがみはら緑区版 掲載号:2011年7月14日号
  • googleplus
  • LINE

アイフォーコム(株) 得意のITで復興協力 大船渡市で支援物資リスト3万件をデータベース化

受取票をデータベース化するアイフォーコムの社員たち
受取票をデータベース化するアイフォーコムの社員たち

 緑区中野に本社を置くIT企業・アイフォーコム(株)(加川広志社長)の社員21人が、6月27日から7月15日までの3週間、相模原市の友好都市である大船渡市へ復興協力に出向き、大船渡市が被災者に提供した、支援物資のリスト約3万件をデーターベース化する作業を行っている。

 アイフォーコム(株)は仙台、盛岡、弘前に設計センターを持ち、社員約400人内4分の1ほどが東北出身者。「親族や知り合いが被災した社員も多く、何か協力したかった」と相模原市を通じて、大船渡市へ復興協力をする旨を打診。今回の震災で、被災地の行政機関が迅速な情報管理が行えない中、本業であるIT分野での協力を行うことになった。

 復興協力は新入社員を中心に、1グループ7人でチームを組み、1週間交代で3回に分けて派遣した。大船渡市では、これまで全国から寄せられた支援物資を被災者へ手渡す際に、A5判の受け取り票で何を手渡していたかを管理。約3万枚の票がダンボール十箱以上に保管されていた。そこで、同社では、簡単な入力システムを構築、これらの受け取り票をパソコン上でデーター化し、管理する体制を作った。また、既設パソコンのウィルス駆除や対策等の協力も併せて行っている。

 大船渡市では今後、これらのデーターを震災が起きた際に被災者が、どのタイミングで何が必要かを把握するのに活用していく。

 第1班として参加した齊藤正巳主幹は「震災から3ヶ月余りが過ぎても、被災地の現状は想像以上に厳しいものでした。今回、支援物資のデーターを整理させていただいて、オムツや下着、各種日用雑貨など被災者の方が必要なものがある程度把握できたので、その知識を復興支援に活かしていきたい」と話していた。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

上位進出めざし、発進

ノジマステラ神奈川相模原

上位進出めざし、発進

3月15日号

「桜」巡るスタンプラリー

相模原市

「桜」巡るスタンプラリー

3月15日号

NFLチアに挑戦

元Suns天満谷さん

NFLチアに挑戦

3月8日号

地域で子育て、50年

大沢地区子連

地域で子育て、50年

3月8日号

銃や甲冑、戦国再現

津久井城

銃や甲冑、戦国再現

3月1日号

自治体ポイント導入へ

相模原市

自治体ポイント導入へ

3月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク