さがみはら緑区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

藤野近郊を"温泉郷"に 県をまたいで6施設で合同スタンプラリー

経済

台紙は各施設で無料配布されている
台紙は各施設で無料配布されている

 相模原市緑区と山梨県上野原市、道志村の天然温泉6施設により設立された「相秋道湯の里連絡協議会」(関戸正文会長)。同協議会では、観光資源である温泉を活かし、地域の活性化を図ることを目的に今月1日から「相秋道湯の里スタンプラリー」を開催している。行政区をまたぎ、連携することで、エリア全体を”温泉郷”としてPRしていきたい考えだ。

 同協議会は、神奈川と山梨の県境の相模川、秋山川、道志川の流域に位置し、半径7Km圏内にある青根の「いやしの湯」、牧野の「東尾垂の湯」「藤野やまなみ温泉」、山梨県上野原市の「秋山温泉」、道志村の「道志の湯」「紅椿の湯」の6施設が加盟して今年7月に設立。”温泉”という貴重な観光資源がありながら、「その魅力を活かしきれていない」と感じていた「いやしの湯」の関戸正文支配人と「藤野やまなみ温泉」の名久井孝昭支配人がそれぞれの施設に声をかけたことがきっかけとなった。

 互いに情報交換を行い、付近の観光スポットにも足を運んでもらえるよう地域の活性化をめざした”温泉郷”をつくることを目的に事業を行っていくという。こうして行政区をまたぎ、温泉施設同士で連携を行うことは今回が初となる。その第1弾として企画されたのが、今回の「スタンプラリー」だ。

6つすべて回るとペア入浴券

 企画は、今月からスタート。最初の利用から6ヵ月以内に6施設をすべて利用した人には、全施設共通のペア無料入浴券がプレゼントされる。開催期間は特に設けておらず、継続的に行っていくという。またスタンプラリーの台紙となるパンフレットには、それぞれの施設、観光スポット、イベントなどが紹介されており、各施設で配布している。

 初日となった1日は早くも反響が大きく、問い合わせも各施設で相次いでいるという。同協議会では、これを第一歩とし、今後更なる企画、事業を行っていきたいとしている。「我々はサービス施設。お客様が喜んでくれることが何より。温泉郷として周辺の魅力も感じてもらえるように今後も事業を行っていきたい」と話している。スタンプラリーについての問い合わせは、同協議会事務局・藤野やまなみ温泉内【電話】042・686・8073へ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク