さがみはら緑区版 掲載号:2011年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

9月25日(日)に開催される道志川合唱祭の実行委員長を務める 高城 鶴吉さん 緑区中野在住 87歳

津久井を合唱の里に

 ○…9月25日に津久井合唱館「やまびこホール」前特設ステージ(緑区青根)で行われる「道志川合唱祭」の実行委員長を務める。この合唱祭は、磯部俶氏によって昭和26年に青根で作詞作曲された合唱曲”遥かな友に”を記念して平成4年以降、毎年行われているもの。今年は20回の記念となり、県内外から合唱21団体が参加する他、昨年に続き、オールドファンには懐かしいコーラスグループ「ボニージャックス」も参加する。「参加者や来場者全員で、『遥かな友に』、『道志川合唱祭の唄』、『道志川旅情』などを歌うイベントも予定しているので、ぜひご来場下さい」と呼びかける。

 ○…”遥かな友に”が生まれた青根のキャンプ場に、昭和61年に建立された2mを超える大きな歌碑。約2000人から1000万円余りの寄付を集めた活動の中心的な役割も果たした。「歌碑が完成した時、磯部先生が大変喜んでくれたことをはっきり覚えています。先生はお亡くなりになりましたが、NHK交響楽団で活躍する長男の周平さんも、今年も合唱祭には参加してくれるのですよ」と説明する。

 ○…合唱を始めたのは戦後間もない時から。以来70年近く趣味で合唱に携わってきた。今年も、「うたごえ合唱団」の一員として美声を披露する。「カラオケも好きですが、合唱は長い期間一番好きな趣味です。多くの人に出会えるのがなにより楽しいですね」

 ○…緑区青根生まれ。戦中は海軍で赤道南下の激戦地ラバウルに赴任。戦友の半数以上が戦死する過酷な経験をした。「二度とあのような悲惨な戦争をしてはなりません」と強く語る。戦後は津久井町役場職員、退職後は行政書士として、津久井地域の街づくりに尽力してきた。「津久井の自然や文化、財産の素晴らしさに我々住民が気づいてないこともあります。津久井を合唱の里にしていければいいですね」と笑って話してくれた。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

榎本 陽治さん

城山商工会スタンプ会の会長を務める

榎本 陽治さん

3月15日号

梅澤 勉さん

津久井商工会・次世代まちづくり構想委員会の委員長として地域貢献に取り組む

梅澤 勉さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

田畑 直美さん

『橋本の子守歌』を作曲し、相模原市立図書館に寄贈した

田畑 直美さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク