さがみはら緑区版 掲載号:2011年12月22日号
  • googleplus
  • LINE

"相模原の台所"歳末の活況 祭りだ、大売出しだ、綜合卸売市場

歳末も大勢の人出が予想される
歳末も大勢の人出が予想される

 相模原市民の「台所」として、日々新鮮な食材の提供に努める「相模原綜合卸売市場」(中央区東淵野辺6-15-1)。年の瀬を迎え、今年も一年おさめの大売出しが開催される。

 JR古淵駅から歩いて約10分。国道16号沿いに専門店が軒を並べる同卸売市場は、土曜日の一般開放日ともなると、新鮮で手頃な価格の旬の食材を求める市民客でにぎわいをみせる。

 12月10・11日には、「2011市場祭り」が開催され、参加店の大安売りや各種模擬店、キッズダンス、相模想玄太鼓などのステージイベント、さらに玉子のつかみ取りといったアトラクションに大勢の来場者が押し寄せていた。

 さらに同市場では歳末の28日(水)から30日(金)の午前に、恒例となった年の瀬の風物詩「歳末大売出し」を今年も予定。年内最後の大商いとあって、「価格と鮮度と種類の豊富さ、どれをとってもご満足いただけるよう今年も一生懸命準備をしている」と意気込みをみせる。年末に特に人気の高いマグロやカニ、牛肉なども「専門商社ならではの品揃えを堪能していただきたい」と同市場では話している。

 詳細は同市場(【電話】042・752・4183)まで。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク