さがみはら緑区版 掲載号:2012年2月23日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 潜在看護師の再就職を支援 看護職就労支援研修を実施中

アットホームさと保育所開放も魅力
アットホームさと保育所開放も魅力

 1945年8月に開設されて以来、”地域に根付いた総合病院”として知られる「相模原協同病院」(相模原市緑区橋本2-8-18、高野靖悟院長)は、65年の長きにわたり、地域中核病院の役割を担ってきた。

 その同院が開催している「看護職就労支援研修会」が今年6年目を迎える。この研修会は、全国的に看護師不足が叫ばれている中で、未就労の潜在看護師に少しでも職場復帰の機会を持ってもらうことが目的。同院でも、1人でも多くの潜在看護職員が復職への第一歩を踏み出せるよう、看護部を中心に職員一丸となって研修者を支援している。研修では、最近の医療・看護の動向、医療機器の取り扱い、基本看護技術の演習といった内容はもとより、アットホームな雰囲気や子育て支援のための保育所開放が特に魅力となっている。

8割以上が復職希望

 地域医療支援病院でもある相模原協同病院では、神奈川県看護協会、相模原市医師会、相模原病院協会、相模原看護部長会の後援を受けて、こうした研修会を昨年は2回実施。またこの6年間での参加者は延べ127人にのぼり、そのうちの8割が復職への意思表示をしているという。

 研修に興味がある方は、まず問い合わせを(看護職就労支援研修に関することであれば何でも相談可)。問い合わせは、相模原協同病院看護就労支援研修会事務局【電話】042・772・4291㈹まで。
 

相模原協同病院

相模原市緑区橋本2丁目8番18号

TEL:042-772-4291

http://www.sagamiharahp.com/

さがみはら緑区版のピックアップ(PR)最新6件

今、求められる学力とは

参加費無料

今、求められる学力とは

2月15日号

「空家の実家」どうする?

好評につき第29回

「空家の実家」どうする?

2月8日号

失敗しない住宅塗装の為に…

屋根・外壁塗装リフォーム相談会

失敗しない住宅塗装の為に…

2月8日号

「サイバーナイフの治療」

シリーズ〜新ゆりドクター通信〜

「サイバーナイフの治療」

2月8日号

パンジー・ビオラがなっなんと1円

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

天然温泉ロテン・ガーデン 町田市相原町

泉質が人気の天然温泉。橋本駅から送迎バスもあり!

2月1日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク