さがみはら緑区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

「地域一体の体制を」 橋本駅で帰宅困難者対策訓練

社会

駅から相原高校へ避難誘導。手書きの情報を公開
駅から相原高校へ避難誘導。手書きの情報を公開

 相模原市は3月12日、橋本駅、県立相原高校で災害時を想定した帰宅困難者対策訓練を行った。

 首都圏で大規模災害が発生した際に、鉄道などの交通網が麻痺し、駅周辺に滞留者が多く出ることから、市では、2006年から毎年交互に、相模大野駅、橋本駅でこうした訓練を実施。また昨年の東日本大震災発生時に、停電による影響から一部連携が取れなったことあったこともあり、その検証も含めて行われた。

 当日は、JRや京王電鉄、NTT東日本、駅周辺事業者など約700人が参加。周辺事業者らに滞留者役を担ってもらい、駅から一時滞在施設として指定されている相原高校への避難誘導、滞在施設の運営、情報収集や掲示板を使った伝達などの確認が行われた。

 訓練終了後には、市や参加事業者らで話し合いが行われ「相原高校は駅から近いが相模大野駅だと一避難所まで距離があるのでどう誘導するか」「避難所の非常口やトイレなどの案内が不十分だった」など、多くの細かい課題があがったという。市では「帰宅困難者対策は重要な課題。行政、鉄道会社だけでなく、周辺の住民、企業の協力も必要。災害発生時にスムーズな行動、連携が取れるよう、今回の課題を確認しつつ地域一体となった体制をつくっていきたい」と話していた。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク