さがみはら緑区版 掲載号:2012年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

今年創立45周年を迎える大沢少年少女鼓笛隊の会長を務める 藤岡 奈緒さん 緑区大島在住 

見守り手助けしていくのが役目

 ○…「古い歴史がある隊なので、その伝統を引き継ぐようにしていくだけですよ」。地域のお祭りやイベントに参加し、息のあった演奏で観衆を魅了し続けている大沢少年少女鼓笛隊。45周年を迎える節目の今年度から会長に就任する。「自分たちで学んでいる子どもたちにあれこれいうのではなく、音楽を通して成長していくのを見守りながら、手助けをしていきたいですね」と抱負を語る。

 ○…大沢地区に住む小学1年生から6年生で構成される同鼓笛隊。45年の歴史の中で、170人近くが所属していたことも。現在は20人体制で活動を行う。今後の練習の予定やイベント参加時の打ち合せ・調整など、事務方を引き受ける。「子どもたちが明るく悔いの残らないような活動ができるように、良い環境づくりをしてあげたい。私自身も悔いの残らないようにしないと」と笑顔で語る。

 ○…隊には、3年生と6年生の2人の娘さんも所属する。友人の誘いでお子さんを連れて発表会を観に行ったものの、その時は興味を示さなかった。その後、上溝祭りで隊のパレードを観て、上のお子さんが入りたいと言い出した。すぐに練習を見学。「雰囲気がすごく良くて、楽しく過ごしてたんですよ」。その場で入隊した。「音楽を心から楽しめて、熱中できるのがこの隊の魅力。うちの娘たちも本当に楽しそう。それも指導してくれている先生方や、保護者の方たちのおかげ。本当に感謝しています」

 ○…実は自身も学生時代は吹奏楽部に所属。娘さんが「入りたい」といった時は感慨深かったそう。今では、ご主人と演奏を観に行くのが楽しみ。「すぐ感動して号泣しちゃうんですよ」と照れ笑い。4月は、大沢地区の桜まつり、市民桜祭りと出演が続く。秋にはドリル大会、2月には45周年の発表会も控える。「節目の発表会は、皆さんと相談しながら盛大にやりたいですね」。地域に根ざした伝統ある隊を影で支えていく。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

西ヶ谷 隆之さん

地元サッカークラブ・SC相模原の監督に就任した

西ヶ谷 隆之さん

2月1日号

牧野 鉄平さん

川崎グリーンライズ相模原の主将を務め、「日本中学生アメリカンフットボール選手権」で日本一に輝いた

牧野 鉄平さん

1月25日号

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

現在上映中のオール相模原ロケ映画「ホペイロの憂鬱」で森陽介役を演じる 

郭(かく) 智博(ともひろ)さん

1月18日号

渡邉 博明さん

公益社団法人津久井青年会議所の第37代理事長に就任した

渡邉 博明さん

1月11日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク