さがみはら緑区版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

4千匹の稚鮎を放流 青根小児童が道志川で

社会

青根地域一体で道志川の環境整備を進めている
青根地域一体で道志川の環境整備を進めている

 青根小学校児童と地元住民約50人が5月21日、青根地区の道志川で、アユとヤマメの放流を行った。

 これは、青根地区の自治会やPTA、消防団などで構成される青根地域振興協議会(関戸基法会長)が地区内に出来たダムにより、ダム下流の河川が荒れてしまったことから、道志川流域の環境整備を進めようと、1993年から県企業庁の協力を得て毎年続けているもの。当日は、アユとヤマメ約4000匹(計65kg)を放流。児童会長の井上太智くんは「昔みたいにたくさん魚が泳ぐ川になって」と話していた。
 

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク